頭皮の炎症の原因!シャンプーのやり方と成分で改善

シャンプーの際に熱いお湯がしみたり、いつもよりもフケが多い、なんだか頭がかゆいなどの症状は頭皮の炎症が主な原因です。

eg

頭皮の炎症はなぜ起こるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は頭皮の炎症が起こる原因と、頭皮の炎症を防ぐシャンプーのやり方と、炎症改善に良い優しいシャンプー成分を紹介します。

盛りだくさんな情報ですのでお楽しみに(笑)

スポンサードリンク

頭皮の炎症が起こる原因

1 頭皮に傷がついている

物理的な刺激により、頭皮に傷がついてしまうことで頭皮の炎症が起こります。具体的に頭皮に傷が付きやすい行為は、『シャンプーの際に強く擦る』『頭皮を掻く』などです。

頭皮が乾燥していて、フケやかゆみが出ている場合に、シャンプーの際に頭皮を強くこすりすぎて、頭皮を傷つけてしまう場合も多いです。その他、頭皮が痒い状態で、知らず知らずのうちに強く頭皮を掻いてしまう行為や、寝ているうちに頭皮を掻くなどの行為でも、頭皮に傷が付きやすいです。

頭皮の痒みが強い時は、かゆみを抑える頭皮用の美容液などで対処して下さい。知らないうちに頭皮を掻いてしまって傷つけてしまいますので。

2 頭皮の皮脂量が多すぎる

自分の頭皮の毛穴から出る、皮脂量が多すぎることで頭皮は炎症を起こしてしまいます。これは頭皮の皮脂が過剰に出ることで、頭皮にいる常在菌のバランスが崩れ、悪い菌が毛穴に炎症を起こしてしまうからです。

この症状が長く続きますと、頭皮にきびや頭皮湿疹、または抜け毛や薄毛を伴う脂漏性皮膚炎にもなりかねませんので早めの改善が必要です。頭皮の皮脂量が多い場合は『湯シャン』などの改善方法を使って頭皮の正常化を目指してください。

※ 湯シャンのやり方

意外と思われる方も多いと思いますが、頭皮の皮脂量が多すぎる症状は、シャンプー等による頭皮の皮脂の取り過ぎが原因です。人間の免疫機能が働いて、取りすぎた皮脂を戻そうと過剰に皮脂が出るのが原因です。頭皮の皮脂は頭皮を守る役割もあります。適度な皮脂を残す、頭皮にやさしいシャンプー成分がおすすめです。

rth

まとめ

頭皮の炎症の原因を改善するためには、正しいシャンプーのやり方と頭皮にやさしいシャンプー成分でシャンプーすることが大事です。

ここに、『正しいシャンプーのやり方記事』と『頭皮にやさしいシャンプー成分の記事』をご紹介しておきます。

※『正しいシャンプーのやり方記事』

※『頭皮にやさしいシャンプー成分の記事』

気になっている方はぜひ参考にしてみてください。



The following two tabs change content below.
カズ 大森

カズ 大森

美容師歴10年の現役美容師「カズ 大森」です。最近は人気の美容メーカーの工場見学が趣味で、気になった市販のシャンプーは、とりあえず自分で使ってみます。 今まで培った知識を存分につかって、おすすめシャンプーの口コミを紹介していきます。これが僕の使命だと思っていますので、全力でお伝えします。 趣味:仕事と読書。 釣りもたまにします。 好きなお酒:テキーラ。 お酒は強いですよ!! 好きな言葉:自由にのんびりと(組織が嫌いです) 血液型:A型(キッチリしてますよ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です