赤ちゃんは肌が弱い!頭皮が赤い症状はシャンプーのやり方で防ぐ

赤ちゃんは肌が弱いということを知っていますか?

hdfh

赤ちゃんの肌は全体に乾燥肌で、皮脂が少なく抵抗力も弱いです。頭皮も同じ状態でとってもデリケートです。そんなデリケートな赤ちゃんの頭皮に、刺激の強いシャンプーを使ったり、強く擦る等の行為をすると、頭皮にダメージが出てしまいます。

赤ちゃんの頭皮が赤い症状は、このように刺激によるものでシャンプーのやり方で防ぐ事ができる症状です。

赤ちゃんはもともと皮脂が少なく肌が弱いのですが、汗をかきやすく肌トラブルにもなりやすいです。できることならば、毎日赤ちゃんの頭皮をチェックして、頭皮トラブルがないかを見てあげて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もし頭皮をチェックして、赤ちゃんの頭皮が赤いのであれば、それは頭皮トラブルの初期症状です。今回ご紹介するシャンプーのやり方で、頭皮のトラブル症状が悪化することを防ぐ事が出来ます。

知っておいても損はしないと思いますので、勉強してみて下さい。

1 熱いお湯は使わない

赤ちゃんの頭皮が赤い症状は、頭皮の炎症が起っています。熱いお湯を使ってしまうと肌に刺激が強く症状が悪化してしまいます。できる限り冷たいお水で頭皮を洗ってあげて下さい。

2 シャンプーの後は頭皮を乾かす

シャンプーが終わった後は、タオルでやさしく拭いた後すぐにドライヤー等を使って、赤ちゃんの頭皮をすぐに乾かしてあげて下さい。頭皮が濡れている状態は悪い菌(カビなど)が繁殖しやすい状態です。

頭皮が赤い炎症を起こしている状態は、悪い菌を防ぐ抵抗力が弱い状態です。悪い菌の繁殖を防ぐためにも、シャンプーの後はすぐに頭皮を乾かしてあげて下さい。

3 シャンプーの後に頭皮の保護剤をつける
自然成分99.6%!頭皮用美容液「すこやか地肌」

※参考記事

「すこやか地肌」を最安値で購入する方法!脂漏性皮膚炎にも効果有り

『すこやか地肌』の効果

頭皮が赤い症状は頭皮が乾燥していて、皮脂の少ない無防備な状態です。自然に皮脂が出て健康な頭皮に戻るまでは、シャンプーの後に頭皮の保湿剤を使うことが効果的です。

フケやかゆみを抑える効果もある美容液ですので、ベトつかず使いやすいと思います。頭皮が正常な状態に戻るまではシャンプーの後に頭皮の保湿をお勧めします。

tyiy

まとめ

赤ちゃんはとっても肌が弱いです。頭皮が赤い症状を見つけたら、今回ご紹介したシャンプーのやり方で症状の悪化を防ぐことができます。

頭皮の乾燥はシャンプー成分にも原因があります。頭皮トラブルを防ぐには洗浄成分が低刺激のアミノ酸系シャンプーやアレルギーの心配の少ない国産オーガニックシャンプーもオススメです。

自分では頭皮トラブルを防ぐ事のできない赤ちゃん!しっかりとお母さんが見てあげてくださいね。





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です