自分で白髪を染める事の出来るトリートメントカラーは注意が必要です。

自分で白髪を染める事のできるトリートメントカラーは、多くの人が利用していると思います。気になる白髪を自分で染める事ができるので、簡単に使えて良いことばかりですよね。

tjur7

美容院で白髪を染めると、お金も結構かかっちゃいますし、自分で白髪を染めるヘアカラーは、髪のダメージが気になります。

そんなふうに考えていると、トリートメントカラーは自分で白髪を染めるには、凄く良いトリートメントだと思いますが、知らない人も多い注意点が多々あります。

トリートメントカラーをすでにお使いの人や、これから初めてトリートメントカラーを使ってみようと思っている方も、トリートメントカラーの注意点を、勉強してから使った方がいいと思います。(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トリートメントカラー使用の注意点(自分で白髪を染める時)

スポンサードリンク

1 美容院でのパーマとヘアカラーはできなくなります

美容院で使用しているパーマ剤とヘアカラー剤に反応して、白髪が緑色や青色になってしまいます。髪が青色や緑色になる原因は、トリートメントカラーに含まれる成分と、パーマ液やヘアカラー剤に含まれるアルカリによる化学反応です。

現段階では青色や緑色になった髪の毛を、黒く戻す方法も見つかっていませんので、トリートメントカラーをしている人はパーマやヘアカラーは絶対にしないでください。(美容師さんもお客様も大変嫌な思いをしてしまいます。)

2 髪に対するトリートメント効果は弱い

白髪を染めることを目的に作られているトリートメントですので、髪を補修する効果は一般的なトリートメントと比べて弱いです。広がる髪を抑えたり、髪のツヤを出す効果を求めるのであれば、一般的なトリートメントのほうが効果は高いです。使う目的をしっかりと考えて使用してください。

3  根本の白髪は染まりにくい

トリートメントで白髪を染める方法なので、キューティクルがシッカリとしている健康な髪には浸透しにくいです。髪のダメージのでやすい、毛先は白髪が染まりやすいのですが!

白髪で1番気になるのは根本の部分ですが、根本の白髪は健康な髪のために、トリートメントカラーではなかなか上手に染まりません。しかも一般的なトリートメントとは違って、トリートメントの中にヘアカラー成分が含まれていますので、頭皮につけることも頭皮環境のことを考えるとあまり良くありません。

根元の白髪はあまり染まらないと思っていて下さい。

fhk

まとめ

このように、簡単に自分で白髪を染めることのできるトリートメントカラーにも、デメリットはあります。

※関連記事
美容師おすすめヘアカラートリートメント!白髪がきれいに染まる3つの紹介
ヘアカラートリートメントを絶対に使ってはいけない人とは?気をつけて!

メリットとデメリットをしっかりとわかった上で、トリートメントカラーをお使いください。

美容師からの提案でした。

The following two tabs change content below.
カズ 大森

カズ 大森

美容師歴10年の現役美容師「カズ 大森」です。最近は人気の美容メーカーの工場見学が趣味で、気になった市販のシャンプーは、とりあえず自分で使ってみます。 今まで培った知識を存分につかって、おすすめシャンプーの口コミを紹介していきます。これが僕の使命だと思っていますので、全力でお伝えします。 趣味:仕事と読書。 釣りもたまにします。 好きなお酒:テキーラ。 お酒は強いですよ!! 好きな言葉:自由にのんびりと(組織が嫌いです) 血液型:A型(キッチリしてますよ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です