シャンプーの成分解析

アミノ酸シャンプーの効果は!メリットとデメリットのまとめ

美容師としてオススメできるシャンプーとはアミノ酸シャンプーです。

現在シャンプーに使用されている洗浄成分の中では最もアミノ酸洗浄成分が頭皮にやさしく、地肌に良い効果があります。

そんなアミノ酸シャンプーですが、メリットとデメリットもありますので、今回は美容師オススメのアミノ酸シャンプーの効果と、メリットとデメリットをまとめて紹介します。

アミノ酸シャンプーを使っている方はぜひ知っておいてください

 

※関連記事

市販でおすすめのアミノ酸シャンプーを比較!人気シャンプーベスト10

市販のアミノ酸シャンプーを見分ける方法!アミノ酸洗浄成分を紹介

 

メリット1:低刺激性で髪や頭皮、肌にやさしい

低刺激性で髪や頭皮、肌にやさしいアミノ酸シャンプーです。

では何故やさしいのでしょうか。まずそれを知る上でシャンプーに含まれる成分を知らなければいけません。

 

シャンプーが髪や頭皮、肌にやさしいか否かは使われている洗浄成分に依存します。

使われている洗浄成分がどのような効果を持っていて、どのようなメリットがあるのかを見ていきます。

 

洗浄成分には高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系に大きく分かれます。

高級アルコール系は洗浄力が強いのが特徴です。

例えば台所洗剤もこれと同じ成分が使われています。

商品成分表にラウレス硝酸、ラウレス硝酸などという表記があれば高級アルコール系のシャンプー剤となります。

 

高級アルコール系は洗浄成分が強いことから、髪や頭皮の油分を綺麗に取り除いてくれます。

しかしその取り除き方が過剰すぎるために、髪の毛がダメージしてしまうデメリットがあります。

 

髪にはナチュラルモイスチャライジングファクターと呼ばれる、天然保湿分子が含まれています。

これが髪を綺麗に保つ秘密ですが、こういった成分まで髪の外へ洗い流してしますのです。

 

頭皮も適度な油分が膜となって頭皮を外的ダメージから守っていますが、油分が取り除かれることで過剰に乾燥し、フケなどを発生させる原因になります。

台所洗剤を使うと手がかさかさになるので分かるように頭皮、肌に大きな影響を与えるのが高級アルコール系シャンプー剤のデメリットです。

 

また石鹸系シャンプー剤は一見するとやさしいように思えますが、実はこれもあまり良くありません。

石鹸はペーハーで言うアルカリ性にふれる性質を持っています。

髪の毛や頭皮は弱酸性が等電帯と言って健康なペーハーです。

石鹸系のシャンプーを使うと髪や頭皮がアルカリにふれてしまうため、雑菌が繁殖しやすくなったりと、頭皮トラブルの原因になりかねません。

 

石鹸成分が髪や頭皮に残るのも問題です。

ヘアカラーやパーマをかけている人は要注意です。

何故ならアルカリ性はカラーの色を落としたり、パーマをゆるめる効果があるからです。

 

高級アルコール系や石鹸系はこのようなデメリットがありますが、アミノ酸シャンプーはもともとが髪の毛にある成分と同じアミノ酸由来のため、親和性が高く安全な成分です。

適度な洗浄力で清潔に保てるのがアミノ酸シャンプーのメリットです。

また石鹸系のように過度にアルカリにふれることが無いため、ヘアカラーやパーマをした髪でも安心して使えるメリットもあります。

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドなため、肌が弱い人でも安心して使えるのもメリットです。

 

メリット2:保湿性が高く髪がパサつきにくい

アミノ酸シャンプーは髪や頭皮に優しいだけでなく、保湿性が高く髪がパサつきにくいのもメリットです。

高級アルコール系シャンプーはその洗浄力の高さから、髪の油分をすべて取り除いてしまいます。

 

髪に必要な成分、またその組成は、水分、油分、たんぱく質です。

水分は文字通り髪に含まれる水分ですが、髪は水分それ自体を保持することができません。

保持するためにはヒアルロン酸、ラメラ構造を持つセラミドなど、水分誘導体と呼ばれる物質と結合して髪の内部にとどまるのですが、高級アルコール系シャンプー剤にはこういった成分があまり含まれていません。

 

高級シャンプーを使用するこで油分がたくさん取り除かれ、髪表面を覆う膜がなくなり、ナチュラルモイスチャライジングファクターが髪の内部から外部へ流出してしまい、髪がパサついてしまうのです。

 

石鹸系のシャンプーも同様に油分を取り除きすぎて、同じような結果を生んでしまいます。

しかしアミノ酸シャンプーであれば、毛髪の組成であるアミノ酸由来のためこういった心配がありません。

 

髪はもともとケラチンタンパクでできているためです。

また水分誘導体なども配合されており保湿性が高いのがメリットです。

ここで注意なのはアミノ酸配合シャンプーとの区別です。

 

アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーの違いは、高級アルコール系のラウレス硝酸等の界面活性剤の洗浄力を、マイルドに見せるためにアミノ酸を配合し、マイルドにみせかけているタイプのシャンプーです。

 

この場合商品表示で混同しがちですが、髪の水分や油分は取り除かれてしまうため注意が必要です。

ヘアカラーやパーマをしている髪の毛は、ただでさえ髪表面をカバーするキューティクルがダメージしています。

 

またヘアカラーやパーマ時をかけた髪はキューティクルが浮き上がっている場合が多く、毛髪内部のタンパク質が流出する恐れが高いのです。

アミノ酸シャンプーなら適度な洗浄力のため、過度に油分を取り除かないため、髪の毛をみずみずしく保つことが可能です。

 

また髪のパサつきの原因は毛髪のゆがみに原因する場合があります。

髪の毛はアルファコルテックスとベータコルテックスと呼ばれる2つのたんぱく質から構成されていますが、一方は伸びやすく一方は伸びにくいのです。

このバランスがダメージによって崩れてパサつきの原因になります。

 

たんぱく質を補修するアミノ酸シャンプーなら、このようなダメージホールに作用してパサつきをカバーすることも可能です。

髪の組成を考えても、アミノ酸シャンプーがいかに優れているのかが理解できると思います。

 

デメリット1 :洗浄力が弱くて汚れが取り切れない場合も

ラウレス硝酸等を界面活性剤にしている高級アルコール系シャンプーや、石鹸成分が残る不安が有る石鹸系シャンプーは、洗浄力の強さから髪や頭皮から油分を取り除きすぎるデメリットがあることが分かりました。

しかしこれは逆に言うと、アミノ酸シャンプーは洗浄力が弱くて、汚れが取り切れない場合があるということを意味しています。

これはアミノ酸シャンプー唯一のデメリットといえます。

 

例えば頭皮がひどい脂性で、べとつくような若い10代や20代の男性などには高級アルコール系シャンプーが合っているかも知れません。

しかし加齢とともに頭皮の皮脂の分泌は低下していきます。

 

特に女性は30代後半から40代にかけて、頭皮の皮脂の分泌量が急激に低下していき、髪の毛がカルボニル化と呼ばれる現象を起こし、パサつきが目立つようになります。

 

ところで、髪に付着している汚れ成分のうちの約70%程度は、お湯で洗い流せる水溶性の汚れ成分だと言われています。

髪の汚れの多くは空気中にまっている塵埃などです。

 

また昨今のヘアカラー人口の増加を加味すると、洗浄力の弱さはごく一部の人によってはデメリットですが、あまり大きな問題では無いと思います。

むしろ洗浄力の強い成分を使うことのデメリットの方が大きいはずです。

 

例えばヘアカラーをしている髪の場合、すでに髪から油分が奪われている状態です。

そこで洗浄力が強いシャンプーを使えば、さらに髪はパサつきが進んでしまします。

 

さらにヘアカラーの色が褪色してしまいます。

ヘアカラーの色は本来キューティクルが酸性になることにより、キューティクルが引き締まり髪内分にとどまる仕組みですが、現実的にはキューティクルが綺麗に閉じることはまれです。

そこで強い洗浄成分のシャンプーを使うと色が落ちてしまうのです。

 

パーマをかけている場合もパーマの結合をゆるめる効果があります。

パーマは酸化反応によって形が記憶される仕組みですが、洗浄力が強いシャンプーを使うとこの結合をゆるめてしまします。

石鹸系シャンプーなら尚更です。

 

洗浄力が弱いと不安に感じる場合ツーシャンプーを行うことが解決策です。

オイルが髪に付着していてどうしても取りきれていない不安などがある場合は、一度軽く泡立てをして洗い流し、再度シャンプーを行うことがベストです。

 

アミノ酸シャンプーなら洗浄力が弱いデメリットを使い方により解決することで、充分に汚れを洗い流すことができるのはもちろん、健康的な髪の毛、綺麗な色とおしゃれなヘアスタイルを維持できます。

 

デメリット2:商品価格が高め

アミノ酸シャンプーのもう一つのデメリットは商品価格が高めなことです。

そもそもシャンプーの価格はどのような要素で決まるのでしょうか。

 

実は価格を決める大きな要素の一つは、使われている界面活性剤の種類によるのです。

一般的にドラッグストアやスーパーで売られている市販のシャンプーは、価格が安い傾向にあります。

その商品の成分表を見るとほとんどの商品に、ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・スルホン酸といった成分が含まれているはずです。

しかも水についで2番目くらいに表記されているはずです。

 

この成分表ですが、シャンプーは含有量が多いものから記載する決まりがあるため、こういった商品は高級アルコール系のシャンプー剤であるといえます。

高級アルコール系は人工的に製油して取り出すような、大量生産が容易な界面活性剤のため、原価を安く抑えることが可能で、結果としてシャンプーも安価です。

こういったシャンプーは価格が安い傾向にあります。

 

一方で、ココイルグルタミン酸や、ココイルアラニンと呼ばれる成分が水についで最初の方に記載されている商品は値段が高い傾向にあります。

これはアミノ酸から作られているため原材料費が高いためなのです。

 

例えばヘアカラーやパーマをしている人、敏感肌の人、多少金額を出しても綺麗で健康な髪、頭皮を維持したい人は、アミノ酸シャンプーを使うことをおすすめします。

というのも高級アルコール系は安い分、使われている界面活性剤が粗悪な場合が多いのです。

 

奪われた油分はトリートメントで補えば良いという考えもありますが、実は手触りがよくなるのはシリコーンのお陰であって、髪自体が修復した訳ではないのです。

高級アルコール系はシリコーンを巧みにシャンプーに配合することで、手触り良く仕上がるよう工夫されています。

 

しかし使えば使う程髪の内部成分が流出していくことになります。

また地肌が過剰にとられた油分を補おうと、異常な皮脂分泌を促す恐れもあります。

これが頭皮の異常な皮脂分泌や、脂漏といった問題を引き起こすおそれがあるのです。

 

アミノ酸シャンプーの商品価格が高いのは、使われている成分が良い証拠でもあります。

またパーマやヘアカラーの持ちが良くなれば、過剰にサロンでトリートメントを行う手間も省けますし、皮膚トラブルで余計な神経をかけることも、経費をかける必要もありません。

 

総合的に考えるとアミノ酸シャンプーの価格の高さは、大きなデメリットでは無いと思います。

価格のみの判断でなく総合的に判断して、その良否を判断する必要があります。

 

肌が弱い方、敏感肌の方にはアミノ酸シャンプーがオススメ!

アミノ酸シャンプーは肌が弱い方、敏感肌の方にはオススメです。

アミノ酸シャンプーに含まれている成分は、ココイルグルタミン酸やココイルアラニン等と呼ばれている成分ですが、これらの成分は肌が弱い方にも心配ない成分です。

 

アミノ酸シャンプー以外にもベビーシャンプーにも使われたり、アトピーの方でも安心して使える成分です。

高級アルコール系の質感を高めるために配合される場合もある界面活性剤で、アミノ酸シャンプー以外にも幅広く使われている界面活性剤です。

 

アミノ酸シャンプーが低刺激の理由は、アミノ酸シャンプーに含まれるアミノ酸が髪と頭皮を形作るタンパク質の一部だからです。

タンパク質はアミノ酸が結合して高分子化することで出来上がります。

髪や爪などのタンパク質であるケラチン、肌に含まれるタンパク質の一種であるコラーゲンやエラスチンといったものもアミノ酸由来なのです。

 

アミノ酸シャンプーに含まれる、ココイルグルタミン酸やココイルアラニンも同じアミノ酸由来のため髪や頭皮、肌と親和性が高く刺激が少ないのです。

高級アルコール系は製油されて作られる人工物であることから考えると、アミノ酸シャンプーに含まれるアミノ酸が、いかに安心できる成分か分かります。

肌が特敏感であったり乾燥しがちな場合は、アミノ酸シャンプーを使うことをオススメします。

 

アミノ酸シャンプーは過度に洗浄されないため、頭皮の潤いを維持することが可能だからです。

さらにアミノ酸自体が保湿効果があるため、適度に洗浄しながら潤う効果も期待できます。

 

アトピー肌や肌が弱い場合、石鹸系のシャンプーを使うとトラブルになる場合があります。

石鹸シャンプーは使うと頭皮がアルカリに傾きます。

 

通常健康な肌であれば数時間で、アルカリ中和作用というものが起きて健康な状態に戻りますが、頭皮が弱い方やアトピー肌の方は、このアルカリ中和作用が上手に行われなかったり時間がかかり、健康な肌状態を保てなくなる懸念があるのです。

 

アルカリ状態の肌は雑菌が繁殖しやすい等のデメリットがあるため、できるだけ早く健康な弱酸性に戻すことが必要です。

そういった点を考慮しても肌が弱い方、敏感肌の方にはアミノ酸シャンプーがオススメなのです。

 

頭皮環境が悪化すると髪の健康状態にも悪影響を及ぼし、症状がひどくなると抜け毛も引き起こします。

またヘアカラーやパーマ、加齢により髪はパサつきやすくなります。

パサつかない綺麗な髪をいつまでも維持するには健康な頭皮環境も大変重要ですよ。

 

まとめ

毎日シャンプーをしている方はアミノ酸シャンプーを使いましょう。

抜け毛や薄毛の原因は、頭皮の洗いすぎによる頭皮の乾燥も原因の1つだと言われています。

きれいな髪を維持するためにも頭皮にやさしいシャンプーをご使用下さい。

※美容師がオススメする女性用育毛シャンプーです。

女性用育毛シャンプーランキング!美容師おすすめ最高の3本

ABOUT ME
カズ 大森
カズ 大森
美容師歴10年の現役美容師「カズ 大森」です。最近は人気の美容メーカーの工場見学が趣味で、気になった市販のシャンプーは、とりあえず自分で使ってみます。 今まで培った知識を存分につかって、おすすめシャンプーの口コミを紹介していきます。これが僕の使命だと思っていますので、全力でお伝えします。 趣味:仕事と読書。 釣りもたまにします。 好きなお酒:テキーラ。 お酒は強いですよ!! 好きな言葉:自由にのんびりと(組織が嫌いです) 血液型:A型(キッチリしてますよ)