男性用シャンプーと女性用シャンプーの違い!メリットとデメリット

今回の記事はお客様の質問に答えるコーナーです。

お客様からよく聞かれる男性用シャンプーと女性用シャンプーの違いについて詳しくご紹介します。

※美容師がオススメする女性用育毛シャンプーです。

女性用育毛シャンプーランキング!美容師おすすめ最高の3本

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性用シャンプーと女性用シャンプーの違いは「洗浄力」と「保湿成分」

男性用シャンプーと女性用シャンプーの違いの最も大きな所は、男女の頭皮の環境に合わせた洗浄力と保湿成分にあります。

頭皮の環境は、性別や体質によって異なる傾向が強く、その状況に合わせたシャンプーを利用することが求められます。

男性は、女性と比較して皮脂分泌の量が多くて脂性になってしまっているケースが多いため、比較的洗浄力の強い男性用シャンプーがオススメです。

一方で、女性は髪そのものにトラブルを抱えている人が多く、頭皮の皮脂分泌量はそれほど多くはないという特徴があるのですね。

この場合は、保湿成分が多く含まれた、洗浄力がマイルドな女性用のシャンプーを使うことが大切です。

男性の皮脂分泌量は、脱毛や薄毛の原因ともなりますので、しっかりと男性用シャンプーで対策を練らなくてはいけません。

生え際や頭頂部を中心として脱毛が生じる男性は多いですが、これはこの部分に集中的に皮脂分泌があるのも脱毛の原因です。

男性用シャンプーには洗浄力が強くて頭皮の環境を守ってくれるものが多いので、脂性の人も安心して利用できます。

また、男性の中にも皮脂が少なくて乾燥肌気味になっている人も確かに存在しますよね。

そうした人は、女性用シャンプーではなく男性用シャンプーの中でも乾燥肌用のシャンプーがオススメです。

男性用シャンプーは、何も洗浄力だけを強くして提供しているわけではありません。

体質によって乾燥肌になりやすい人に対して製品も提供していますので、この違いを理解しておくことです。

反対に、女性の場合は年齢を重ねることによって、確実に肌は乾燥しやすい状態になっていきます。これは、男性と女性の肌の環境で大きな違いであると言えます。

例えば、男性は年齢を40代、50代と重ねても皮脂の分泌量が多くて、対策をしなくてはいけないことが多いのですね。しかし、女性の場合は30代に入った段階で乾燥が目立ち始めるため、男性用シャンプーのような洗浄力の強いものを使うと、髪の毛だけではなく頭皮そのものを痛めてしまう原因になります。

ですから、女性の場合はこうした乾燥した状況から身を守るための、保湿成分がとても重要になります。

ただ、女性も皮脂で気を付けなくてはならないポイントが一つだけあります。

それは、過剰にホルモンバランスが乱れてしまう時期です。

例えば、妊娠をしたり更年期に差し掛かると、ホルモンバランスが過剰に乱れて男性並みの皮脂が分泌する可能性があります。

この場合は、頭皮や髪の毛のために使うシャンプーを変えて対策する事が重要です。

自分の頭皮に合わない洗浄力が強いシャンプーを使い続けるとどうなるのか?

男性用シャンプーと女性用シャンプーの違いの最も大きなところが、配合されている洗浄成分だということがわかりましたが、自分の頭皮に合わないシャンプーを使い続けるとどうなるのでしょうか?

平成21年の大阪府立公衆衛生研究所の報告書によれば、界面活性剤によって皮膚の常在菌に影響が出ると報告されています。

社会問題の1つの皮膚障害が、合成洗剤等の界面活性剤が皮膚のバリア機能を壊す事が、原因の1つであると報告されています。

実験では抗菌性の高い洗浄剤や洗浄力の強い界面活性剤を使用したところ、皮膚の常在菌の生育抑制が見られたと言うことです。

簡単に説明すると、洗浄力の強い洗剤を使って皮膚を洗うと、皮膚のバリア機能を果たしている常在菌が減り、肌が無防備な状態となり、皮膚疾患が多く出ると言うことです。

皮膚も頭皮も同じなので、頭皮を強い洗浄成分で洗うことを続けることで、頭皮のバリア機能が低下して、頭皮トラブル(乾燥、かゆみ、フケ、抜け毛、薄毛、脂漏性皮膚炎、頭皮湿疹など)の原因となるというわけです。

頭皮に合わない洗浄成分でシャンプーし続けることのデメリット!お分かりいただけたでしょうか?

※詳しい報告書はこちらをご覧ください。

引用 http://www.iph.pref.osaka.jp/report/syoho/H21/10k.pdf

男性用シャンプーのメリット

男性用シャンプーの1番のメリットは、多くのシャンプー薄毛対策に効果のある成分が入っていることです。

男性用シャンプーの需要は日本だけではなく世界中で存在しますので、あらゆる企業が頭皮に対して良い影響を与える製品を考えています。

そうした研究の中でも、特に男性用シャンプーとして注目を集めているのが薄毛対策の製品なのです。

男性は、女性と比較して男性ホルモンの分泌量が多いため、男性ホルモンを原因とした薄毛の症状に悩まされているというデータが報告されています。

事実、男性ホルモンを原因とした薄毛の患者は、薄毛患者全体の中でも半分以上の割合を占めているとも考えられており、こうした薄毛対策に効果的なシャンプーを開発することは企業全体の役割にもなっています。

例えば、男性用シャンプーにはアミノ酸という物質が多く含まれていることが多いです。

アミノ酸というのは、髪の毛の主成分であるタンパク質の小さな塊のことを意味します。

タンパク質は、胃の中で吸収して髪の毛に届くまでに時間がかかる傾向があります。

それだけではなく、吸収したタンパク質がきちんと頭皮にまで届くかどうかも、実は定かではないようです。

タンパク質は、髪の毛だけではなく筋肉を形作ったり、エネルギーを消費するために利用される非常に重要な成分です。

髪の毛だけに良い効果をもたらすためには、相当な対策をしなくてはいけません。

この点、シャンプーの中にアミノ酸を主成分とする物質が入っていれば、直接的に髪の毛や頭皮にタンパク質を吸収させることができます。

魅力的なのが、洗浄力を向上させながら、これらの良い栄養分を浸透させることができる点にあります。

男性用シャンプーは、皮脂を綺麗にするために一定の洗浄力が求められます。しかし、その一方で洗浄力を向上させすぎると頭皮が逆に乾燥しすぎてしまって、乾燥した頭皮を守るためにさらなる皮脂分泌が生じる現象も確認されています。

ですから、洗浄力を確保しつつ頭皮の健康状態を守るためのアミノ酸などの成分は、実は非常に大切です。

男性の場合は、男性ホルモンの関係上で女性よりも皮脂の量が多いため、この点を避けて通ることができません。

実際に、アミノ酸を利用しない特殊な男性用シャンプーも開発されています。

薄毛や抜け毛の原因となっている、男性ホルモンの分泌そのものを抑えるシャンプーも提供されていて、こうしたシャンプーは女性用シャンプーにはないメリットです。

男性用シャンプーには頭皮や毛髪を綺麗にしながら、男性型の薄毛対策ができるメリットがあります。

女性用シャンプーのメリット

女性用シャンプーのメリットは、とにかく頭皮に対して優しい成分で構成されていることにあります。

女性は、年齢を重ねると乾燥肌になってしまいますが、これは女性の身体で分泌されている女性ホルモンの量が、徐々に少なくなっていく原因が主な理由です。

女性ホルモンには、皮膚を保湿するための役割が存在しているため、年齢と共にこのホルモンの分泌量が減少していくと、必ず乾燥肌に悩まされることになります。

そのため、こうした乾燥肌を刺激しないように、女性用シャンプーには頭皮に優しい成分が豊富に含まれているというメリットがあります。

また、利用されている成分に天然由来の成分が多いことも大きなメリットです。

女性の肌は男性と比較しても敏感であることが多いため、化学物質が含まれたシャンプーを利用すると、頭皮が荒れてしまう原因になる事も多いです。

そのため、男性用シャンプーで利用されている化合物を利用せず、植物などの天然由来の成分から抽出した成分をシャンプーの中に配合していることが多いです。

こうした女性用シャンプーは、一般的に無添加シャンプーなどと呼ばれます。

実際に、女性の中にはシャンプーを利用することによって、アレルギー反応などを起こしてしまう人もいるため、シャンプーの成分表記には注意をしておく必要があります。

これはシャンプーの裏面に記載されている、表記指定成分を調べることによって簡単に確認できます。

女性の身体にとって良くない成分が含まれている場合には、表記指定成分の中にその掲載があり、ない場合には無添加シャンプーとして、安全性の高いシャンプーとして提供されているので、この違いはとても重要です。

無添加シャンプーは、頭皮ケアと頭皮の保湿、この二つを考慮したとても優秀な製品です。

一般的に、女性の頭皮に対して刺激が強いと考えられている物質には、着色料と香料の二つがあります。

重要なのは、眼に見えない香料が実は頭皮に対して悪い影響を与える可能性があることです。

女性用シャンプーは男性用シャンプーよりも、良い匂いがする製品が多いですよね。

こうしたシャンプーの匂いは、実はシャンプーの成分そのものに匂いの元になっている成分が入っているわけではありません。

香料を別途に含めて、良い匂いを出しているのですよ。

ですから、眼に見えないこうした成分でアレルギー反応が出る人もいて、実はそれほど良い成分ではないという事実もあります。

無添加の女性用シャンプーでは、こうした点も問題ありませんので、頭皮と髪の毛に安全なシャンプーを求めている女性に人気があります。

男性用シャンプーのデメリット

次のそれぞれのデメリットについてお話しします。

男性用シャンプーの1番のデメリットは、洗浄力が強すぎる成分が使われていることが多いとです。

確かに、男性用シャンプーは頭皮の皮脂を除去して、綺麗な頭皮を作ってくれる役割があるのですが、その反面で洗浄力の強力な化合物が使われているケースも目立ちます。

こうした洗浄力が強すぎる成分を使うと、逆に頭皮を刺激しすぎて悪影響が出る可能性があるため、注意をしなくてはいけないのですね。

では、どのようなポイントを見てこうした洗浄力の状況を調べれば良いのでしょうか。

これは、界面活性剤という成分を確認することが大切なのです。

例えば、男性用シャンプーを利用すると非常に泡立ちが良くて、綺麗に洗えてるように感じますよね。

あのような泡立ちを作っているのが、シャンプーの洗浄成分である界面活性剤という成分です。

この成分は企業にとっては安価で、洗浄力が高い男性用シャンプーを作ることができるものとして、多くの企業で取り入れられています。

しかし、実はこの成分の中には洗浄力が大き過ぎて、男性の薄毛対策などには全く向いていない成分があるのも事実なのです。

特に、頭皮に悪いと考えられている成分が含まれている可能性が高いのは、ドラッグストアなどで販売されている市販の安価なシャンプーです。

既に述べた通り、綺麗で泡立ちを良く見せることが可能な界面活性剤というのは、安くて大量に生産することができるため、企業にとっては非常に有効な成分であると判断されているのです。

そのため、安価な男性用シャンプーの中には、頭皮に悪影響を及ぼす界面活性剤が含まれていることが多く、薄毛の原因に繋がってしまう可能性があることもわかっています。

では、どのような対策をとれば良いのでしょうか。

それは、アミノ酸系シャンプーを利用することです。

実は、アミノ酸は単純な栄養分としてだけではなく、界面活性剤としても非常に魅力的な役割を果たしています。

アミノ酸系の界面活性剤は、泡立ちを抑えつつしっかりとした洗浄力を持っていますので、頭皮と髪の毛の質を良好にする高い効果があります。

男性用シャンプーにとってアミノ酸というのは様々な場面で役立っているため、アミノ酸とアミノ酸系の界面活性剤が入っている男性用シャンプーを選択しておけば、頭皮環境には間違いありません。

確かに、男性用シャンプーのデメリットの多くは、界面活性剤によって頭皮を過度に傷つけてしまうケースがあることですよね。

しかし、このポイントさえしっかりと抑えておけば、男性用シャンプーのデメリットはほとんど存在しないものとしてお考えください。アミノ酸シャンプーを使用すれば薄毛対策にも繋げることが可能です。

女性用シャンプーのデメリット

女性用シャンプーのデメリットは特にありませんが、例えるとすると洗浄力が弱いタイプが多いので、皮脂の分泌が多い女性の場合、1回のシャンプーで頭皮をきれいに洗浄できない場合があるところです。

これは、女性用シャンプーが男性用シャンプーと異なって、保湿を第一に考えて作られていることが理由です。

女性用シャンプーは、女性の肌にとって良いのか悪いのかということを重要視しています。

洗浄力をマイルドにして保湿力を高めているのも、乾燥した肌に刺激を与えていると肌がボロボロになってしまい、頭皮環境を悪くしないためにです。

一方で、こうした保湿や美容の観点から良い製品を作ろうとするあまり、ほとんど泡ががでない洗浄力が凄く弱いシャンプーも登場しています。

実際に、これは新商品の無添加のシャンプーによく見られる現象です。

確かに、無添加のシャンプーは頭皮や毛髪にとって非常に有効なのですが、その反面で洗い上がりがとても悪いというデメリットがある商品が多いです。

洗った直後の髪の毛を触ってみるとギシギシとした感じになってしまうため、コンディショナーなどのアフターケアを前提に開発されているものも多いのです。

そのため、女性用シャンプーという括りだけで製品を購入してしまうと、逆に髪の毛の質が落ちてしまうこともありえます。

こうした無添加のシャンプーによって髪の毛の手触りが悪くなってしまうのは、シリコンという物質が入っていない事もあげれれます。

シャンプーに含まれているシリコンは、実は人間の身体に対して良くない影響を与えるのではないかという議論が長年続けられています。

そのため、美容や頭皮に良い無添加シャンプーを開発している企業の製品には、シリコンが入っていないことが多く、これが洗い上がりの髪の毛の手触りの悪さに繋がっています。

シリコンは、化学成分によって洗い上がりの髪の毛をコーディングしてくれる役割があります。

ですから、シリコンが入っていない無添加のシャンプーは、どうしてもこのような手触りになることを知っておく必要があります。

また、男性用シャンプーと違って刺激の強い界面活性剤がほとんど入っていないため、泡立ちが非常に悪いという点も見逃せません。

適量を掌に出して洗っているにもかかわらず、女性用シャンプーの中には全く泡立ちがないものもあります。

これは、界面活性剤の影響がほとんどないからです。

ただ、手触りが悪くても泡立ちが悪くても、それが頭皮や髪に必ずしも悪い影響を与えているわけではないということも理解しておくことです。

手触りや仕上がりは、コンディショナーやトリートメントなどのアフターケアで改善できますし、泡立ちが悪くても頭皮の洗浄は出来ていますので、デメリット面は比較的簡単に解消できると覚えておきましょう。

男性が女性用シャンプーを使ってもいい?その逆は?

こちらはお客様からの質問です。

男性が女性用シャンプーを使っても構いません。ただ、それはそれぞれの頭皮の状況にあわせて判断するように心がけておく必要があります。

一方で、女性が男性用シャンプーを利用するメリットはありません。

例えば、男性の中でも比較的敏感肌の持ち主である場合には男性用シャンプーは刺激が強すぎてしまうため、女性用シャンプーを利用することもありです。

女性用シャンプーは男性用シャンプーと違い、洗浄力が弱いので頭皮に対して優しい側面があるので、頭皮の弱い男性には女性用シャンプーをお勧めする場合も多々あります。

実は、洗浄力の強弱というのは、そのまま頭皮への刺激の強弱でもあるため、この点は知っておくことが重要です。

洗浄力というのは、界面活性剤に含まれている分子の大きさによっても決まります。

この分子の働きが頭皮に対して強いものほど泡立ちが良くて刺激も強くなるため、実は洗浄力が強いものは、頭皮に対する刺激も強くダメージが残りやすい側面があるのです。

こうした傾向から、皮脂の分泌が少ない男性が刺激の強い男性用シャンプーを使うことは、あまり好ましいとは言えないわけです。

この場合は刺激力の弱い女性用シャンプーを使って、慎重に頭皮の環境を整える方法がオススメです。

一方で、女性が男性用シャンプーを使うメリットはほとんどないと言っても過言ではありません。

これは、男性用シャンプーに含まれている成分が、根本的に女性の肌には合っていないケースが大半だからです。

このシャンプーの成分の違いは、使い続けると実はじょせの薄毛対策にも繋がります。

男性は、男性ホルモンを原因とした薄毛が発症することがあり、そのための対策として専用の成分がシャンプーに含まれていることが多いです。

女性も、確かに男性と同じような薄毛の症状に悩まされることがあるのですが、実はこうした男性への薄毛対策の成分は、女性が利用することで重大な副作用が生じるケースがあることも医師によって報告されているのです。

実際に、男性が利用する薄毛対策の薬を女性が服用することは認められておらず、薬によっては触ることさえ行ってはいけないと、注意書きがされている医薬品まであります。

シャンプーの中には、こうした薄毛対策の医薬品と似たような形で薬用シャンプーというものも提供されています。

薬用シャンプーというのは、特定の対象に焦点を絞って製品を作っていますので、対象外の人が利用することでデメリットが生ずる場合もあります。

特に、女性の場合は男性の製品でアレルギー反応が生じる可能性が高いので、この違いは知っておくことが大切です。

あくまでも頭皮環境に合ったシャンプー選びを

男性用シャンプーと女性用シャンプーは、あくまでも頭皮環境に合った選び方をすることが大切です。

シャンプーを利用する人は、自分の頭皮の環境を軽視しがちな傾向にあります。

例えば、美容院や毛髪クリニックなどの専門的な施設に行けば、現状の頭皮の潤いの状況や毛質などを具体的に調べてくれます。

その上で、一人ひとりの症状に合うおすすめなシャンプーなどを紹介してもらうこともできるのです。

しかし、実際にこうした入念な検査をしている人は、面倒さもあってほとんどいませんよね。

つまり、ほとんどの人は自分の頭皮環境を知らずに、シャンプーを選択しているのが現状なのです。

こうした環境下では、できるだけ正確な自己診断が求められます。

特に、男性用シャンプーは敏感肌用の人と脂性用の人と二つ提供されていることが多く、どの立場の人であっても環境に合ったシャンプーを選択しやすいように作られているのです。

男性は、年齢を重ねると薄毛の症状に悩みを抱える人が増えてきます。

シャンプーの中には、刺激が強すぎて逆に薄毛を誘因するような物質が入っていることは否定できません。

高級アルコール系界面活性剤はその典型ですよね。

一方で、今までこうした刺激の強い物質が入っていたことによって、薄毛が誘発されていた可能性もあるわけです。

そうした人は、単純にそ自分の頭皮に合ったシャンプーを使っていなかっただけの可能性が高いですよね。

このような場合は、男性用シャンプーを変えるだけで、劇的に薄毛の予防に繋がる可能性があります。

実際に、薄毛対策を専門としてシャンプーを開発している会社も多くあります。

自分の頭皮環境を理解しているのならば、こうした薄毛対策専用のシャンプーを使うことで、良質な毛髪を生み出すことが可能になるでしょう。

女性用シャンプーに関しても同様です。

女性用シャンプーは、特に髪の毛のツヤや手触りなど、髪の見た目の問題と絡んできます。

実際に使用した感じで手触りが良かったとしても、実はそこで利用されている成分が髪や頭皮にとって良くなかったということが、女性用シャンプーには多いです。

この見た目の潤いや髪の美しさを求める違いは、男性用シャンプーとの最も大きな違いであると言えます。

洗浄力と保湿力を兼ね備えた女性専用のシャンプーはそれほど多くはなく、安価なシャンプーほどどちらか一方に偏っているケースがあります。

頭皮環境に合わせて買ったつもりでも、実際に利用してみるまでは結果がわからないのが女性用シャンプーの特徴でもあります。

ですから、慎重に含まれている成分を確認してシャンプー選びを実施しましょう。

シャンプー選びでわからないところがあれば気軽に美容師にご相談下さいね。頭皮の状態をチェックして頭皮にやさしく髪の毛の悩みを改善できるシャンプーをお選びいたします。

まとめ

今回はお客様からの質問で多い男性用シャンプーと女性用シャンプーの違いについてご紹介しました。

男性は、男性用シャンプーでも女性用シャンプーでも、どちらを使っても問題はありませんが、女性が男性をシャンプーを使うとあまり使い心地が良くないのが現実です。

女性は女性用シャンプーを利用した方がトラブルも少なく使いやすいと思います。

シャンプー選びでお悩みの女性はぜひ参考にしてみてください。

以上、(男性用シャンプーと女性用シャンプーの違い)でした。



The following two tabs change content below.
カズ 大森

カズ 大森

美容師歴10年の現役美容師「カズ 大森」です。最近は人気の美容メーカーの工場見学が趣味で、気になった市販のシャンプーは、とりあえず自分で使ってみます。 今まで培った知識を存分につかって、おすすめシャンプーの口コミを紹介していきます。これが僕の使命だと思っていますので、全力でお伝えします。 趣味:仕事と読書。 釣りもたまにします。 好きなお酒:テキーラ。 お酒は強いですよ!! 好きな言葉:自由にのんびりと(組織が嫌いです) 血液型:A型(キッチリしてますよ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です