赤ちゃんにオススメ!正しいシャンプーのやり方

赤ちゃんのシャンプーちゃんと正しいやり方で行っていますか。

赤ちゃんは大人よりも肌がデリケートなので、間違ったシャンプーのやり方をしていると頭皮を傷つける場合も多いです。

赤ちゃんは思っているよりも汗をかくことが多いので、シャンプーもしっかりしてあげないと不潔に状態なってしまいますよ。

今回は赤ちゃんにもオススメの正しいシャンプーのやり方をご紹介します。

出産後赤ちゃんのシャンプーをしているお母さんやお父さん、おじいちゃんおばあちゃんもしっかりと正しいシャンプーのやり方勉強しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんの肌と大人の肌の違いを知ろう

赤ちゃんと大人の肌は同じ人間の肌でも肌の細胞の構造の比率が全く違います。

人の肌は、肌の奥底の細胞である皮下組織、真ん中の真皮、肌の表面を薄く覆っている表皮に分けることが出来ます。

赤ちゃんの肌の表皮は大人の表皮の半分の薄さです。なので肌は乾燥しがちですし、かぶれや肌荒れ、あせもといった肌トラブルを引き起こしやすいです。

一方で肌の表皮が薄く日々肌が生まれ変わっているため、大人のように古く硬く変色してしまった角質に覆われていません。なので赤ちゃんの肌を触るとスベスベしていますし、柔らかく気持ちいいのです。

この表皮は肌を外的刺激から守るためのバリア機能の役割を果たしています。ですが、赤ちゃんはそのバリア機能が不十分なのでダニや埃といったちょっとした外部からの刺激ですぐに肌が傷ついたりかぶれたりしてしまうのです。

また皮脂の分泌量が不安定なので、生後3か月くらいまでは皮脂量が多く肌が汗でベタベタしていたり乳児湿疹を引き起こす乳児も多くいます。赤ちゃんは体温調節がまだ上手くできない上に、汗をかく汗腺が肌に密集していることから汗をかきやすいのです。

汗をかくことで体の中の老廃物を外に排出することができるため、むくみやくすみといったよく大人の女性が悩むトラブル知らずなのです。生まれてからどんどん成長する中で、体内では沢山の老廃物が排出されますが、それらをため込まないでどんどん汗をかいて排出するためとても綺麗な肌を保つことが可能なのです。

ですが、生後3か月を過ぎると皮脂量の分泌がいっぺんに減少します。なので生後3か月までは形成されていた肌の皮脂膜が形成されず水分が蒸発しやすくなり、外部からの刺激にとても敏感で乾燥しやすい時期に突入します。

大人の肌はの表面は弱酸性なので雑菌が繁殖するのを防いでいますが、赤ちゃんの肌は中性なので雑菌が繁殖しやすい状態にあります。また日々急激に成長しているため、大人よりも肌の生まれ変わりが激しく、汗や皮脂が混じったゴミが肌にたまりやすいのです。

以上のことから赤ちゃんの肌は卵みたいにスベスベでツルツルな一方で、汚れやすく傷つきやすい、乾燥しやすくデリケートであると言えます。

ですから大人以上に肌を清潔に保つための細やかなケアが必要となりますし、そのために使う石鹸であったりシャンプーに関しても、できるだけ刺激のない安心して使用することが出来るものを選んであげる必要があります。

※赤ちゃんにオススメのシャンプーの記事です。

美容師おすすめ!赤ちゃんの頭皮に優しい国産オーガニックシャンプー。
敏感肌、乾燥肌用おすすめシャンプー!子供の頭皮にも安心して使える。

赤ちゃんのシャンプーはいつから?

赤ちゃんの体を洗う時に、全身を洗うことが出来るボディソープを使っている人が多いかと思いますが、髪の毛にもこのボディソープでいいのかなと悩む人は多いのではないでしょうか。

確かに頭専用に作られている方が安心して利用できそうな気もしますが、新生児まずボディソープを使って髪の毛をはじめとする全身を洗う方がいいでしょう。髪の毛の量が少ないうちや、首もすわっていない時に体を片手で支えながら、身体と髪の毛を洗うものを別に変えながら洗うというのは大変な作業です。

なので赤ちゃん用のシャンプーに切り替える目安としては、首がすわってきたことに加えて、髪の毛をボディソープで洗うと軋むなと感じてきたら、シャンプーに切り替えていきましょう。

ボディソープは泡切れがいいので、泡が肌に残って肌に刺激になるリスクが少なくなります。そして髪の毛にも同じことが言えます。

髪の毛が少ないうちは髪の毛を潤わせる成分を重視するよりも、肌に残らない泡切れの良いものを選択するほうが、肌にかかる負担も少なくて済むためです。

もちろん髪の毛が生える量もスピードも個人差があります。新生児の頃から髪の毛の量がふさふさの子もいれば、1歳を過ぎてもほんの少ししか髪の毛が生えてきていない子もいます。

なのでどのタイミングでシャンプーに切り替えても間違いではないですが、その子の成長や状態を見ながら徐々に切り替えていくといいでしょう。

そして、ベビーシャンプーから子供用シャンプーに切り替えるタイミングというのも個人差があります。だいたい1歳半くらいから2歳くらいで子供用シャンプーに切り替える人が多いようですが、子供用シャンプーはベビーシャンプーに比べて刺激も少し強いので目に入ると痛みを感じてしまいます。

ですからベビーソープで練習して、頭を洗えるようになってからといった段階を踏んで切り替えるのがおすすめです。また、子供用シャンプーの刺激が肌に合わずに荒れてしまうということも考えられるので、切り替えの時期は慎重に選ぶようにしましょう。

そして、2人目や3人目の子供となると、子育ての慣れから大人用シャンプーを早い時期から一緒に使おうとする人もいますが、赤ちゃんもお母さんも一緒に使えるといった肌に優しい成分のシャンプーでない限り、大人用シャンプーは香料や着色料、化学成分が入っていることがあるため、安易に使用してしまうとアレルギーを起こしてしまうことがあります。

なのでくれぐれも慎重にシャンプーの切り替えは行うようにしましょうね。

赤ちゃんのためのシャンプーの選び方

赤ちゃんの髪の毛を洗う際に「髪の軋みが気になりだしたな」「パサパサするようになったな」と感じるようになったら、ボディソープからベビーシャンプーに切り替えるタイミングです。

ベビーシャンプーなら何でもいいと思いがちですが、メーカーによってその特性は様々です。なのでメーカーの特性を把握してぴったりのシャンプーを見つけましょう。

ベビーシャンプーは香料や着色料、防腐剤が無添加なものが多く、洗浄成分もアミノ酸やタウリンなど肌に低刺激なものが配合されていることが多いです。実際、赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、頭皮に関しても同じことが言えます。

香料や着色料、防腐剤が配合されているシャンプーだと、頭皮が真っ赤になってしまったり、痒み、発疹で辛い思いをさせてしまいます。なのでできるだけ低刺激なものを選択してあげる必要があります。

また、中にはセラミドやヒアルロン酸といった潤い成分が配合されているものもあるため、頭皮や髪の毛の潤いをプラスしてくれます。

特にベビーシャンプーは赤ちゃんのことを考えて専用に作られているため、そこまで添加物に過敏になる必要はないかもしれませんが、アトピー性皮膚炎だったり敏感肌はだったりすると少しの添加物も刺激になってしまいます。

なのでベビーシャンプーに使用されている成分にしっかり目を向けるということはとても大切なことです。

まずベビーシャンプーを選ぶ際に、どこに重点を置くかがポイントになります。

洗浄力・保湿性・無添加の3つに大きく分け、自分の子供はどこに重点を置いたシャンプーが必要かを考えることで、自ずとどんなシャンプーが良いかが見えてきます。

赤ちゃんの肌に優しい成分として、アミノ酸系・ベタイン系・タウリン系に分類してあげることができます。

メーカーごとに使われている成分は違っていますし、実際にシャンプーの裏側を見て横文字だらけの成分の名前を見てもどれがどんな成分なのかも分かりません。でも、メーカーのサイトをチェックするとそれがどんな成分なのかを明記されているものが多いため、安心してどのシャンプーにするか参考にすることが出来ます。

※市販のアミノ酸シャンプーを見つけ方法の記事です。

市販のアミノ酸シャンプーを見分ける方法!アミノ酸洗浄成分を紹介

赤ちゃんによって皮脂量が多いとか、乾燥肌とか一人一人違うので、ぴったりのシャンプーを選んであげることがとても重要です。もちろん使用した人の口コミを参考にするのも一つの情報収集の方法なので、わが子にはどんなシャンプーは合うのか研究してみましょう。

赤ちゃんにおすすめ!正しいシャンプーのやり方の手順

※関連記事です。

正しいシャンプーのやり方!頭皮環境を整える方法。

赤ちゃんのシャンプーをする際に、もちろんやり方に個人差はあると思いますが、押さえておきたい手順とやり方のポイントがいくつかあります。

まず姿勢ですが、自分で座ることが出来るようになるまでは、親が頭と首を支えながら頭を洗ってあげる必要があります。

なので、片手を大きく広げて赤ちゃんの後頭部から首にかけてをしっかりのせるようにして支えてあげましょう。

このやり方に慣れるまでは片手で支えるというのが怖くて仕方がないかもしれませんが、桶や洗面台など比較的浅い所にしっかりお湯を張って沐浴を行うやり方もありますし、こうすることで恐怖心も和らぎ、しっかり片手で後頭部から首を乗せてあげられます。

頭と首をしっかり支えることができたら、次はもう片方の手で頭にお湯を掛けながらゆっくり頭皮を洗いましょう。

大人でも同じですが、予め頭を濡らしてあげることで石鹸をつけても泡立ちよくしっかり洗ってあげることができます。また、最初にお湯をかけて頭皮を洗うだけでもお汚れのほとんどを落とすことが出来ます。

頭にお湯をかけて頭皮を洗った後は、泡立てた石鹸で頭皮をマッサージするように洗っていきます。泡立てた泡の方がきめ細かい泡で優しく洗うことができ、摩擦のダメージを極力減らすことができてお勧めです。

泡タイプでポンプを押したら出てくるシャンプーがとても便利です。

また、固形石鹸でも泡立てネットを使用してしっかり泡立てて使用すると決め細かいもっちりした泡を作ることができます。ただ、片手で固形石鹸を泡立てるのは大変です。なので、予め泡立てておくか、ポンプ式の泡タイプシャンプーを利用するのがおすすめです。

頭皮を洗う際に、泡が耳に入らないよう注意してあげることが重要です。頭と首を支えてる手が男性ならば親指と小指で両耳を優しくふさいであげるといいでしょう。

もしも女性や親指と小指が両耳に届かない人は、片耳ずつふさいで洗ってあげましょう。

頭を洗う際に、しっかり洗ってあげなければとゴシゴシ洗う人もいますが、ゴシゴシこすり過ぎては頭皮を傷つけてしまったり、乾燥肌の原因になってしまいます。

なので出来るだけ指の腹や手の平を使って優しく丁寧に洗ってあげましょう。

特に新生児は大泉門の周辺がポコポコしています。触りすぎたり圧迫しないように気をつけましょう。

しっかり頭を洗うことができたら、ガーゼなどを使って丁寧に泡を流していきます。

お座りが出来るようになると、ベビーバスチェアに座って洗ったり流したりすることができるようになります。

赤ちゃんのシャンプーで気をつけたいこと

赤ちゃんのシャンプーで気をつけてあげたいこととして、まず泡が残らないようにすることです。

せっかく綺麗にシャンプーで頭皮を綺麗にしても、泡が残ってしまっていては頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。いくら無添加で肌に優しい成分で作られているシャンプーを使用していると言っても、結局残ってしまっては肌にとって異物であることに変わりません。なのでしっかり泡を落としてあげるというやり方はとても重要です。

そして泡をしっかり落とすというのは、泡切れの良いシャンプーを選ぶということや、しっかり泡立てておいたシャンプーや石けんを使うということにつながります。特にしっかり泡立てておくことで髪も頭皮もストレスなく洗い上げることができますので、しっかり石けんを泡立ててしっかり石けんの泡を洗い流すということが重要なポイントになります。

特に首の周りや耳の後ろは特に泡が残りやすいのでガーゼを使ったりしながらしっかり洗い流しましょう。

そして、大人と同じようにコンディショナーやリンスを使ってサラサラに仕上げてあげたいと思う人もいるかもしれませんが、シャンプーだけのやり方で十分ですし、逆にリンスやコンディショナーを使うことで肌のトラブルを招いてしまうので注意が必要です。

また、シャンプーをした後はしっかりふき取り、軽くドライヤーをかけてあげましょう。

というのも、水分が頭皮に残っていると雑菌が繁殖しやすいです。なので、早めにしっかり乾かしてあげたほうがいいでしょう。タオルで頭皮を拭く際に、ゴシゴシこすり過ぎてしまうと頭皮を傷つけてしまいます。なので優しくタオルで拭くようにしましょう。

その他にも、シャンプーをする前に髪の毛をさっと梳かしておくこともおすすめです。櫛で事前に髪を梳かしておくことで、汚れを浮かせることができます。これによって、頭に泡を付ける前にお湯で頭皮を洗う際にほとんどの汚れを落とすことができますし、シャンプーやすすぎの際に最小限の負担で汚れや泡を落とすことができたり、洗うことができます。

泡を付ける前にお湯で頭皮を洗う際には38度前後のぬるま湯でしっかり洗ってあげることが重要です。

シャンプーのやり方は人それぞれですが、正しいシャンプーのやり方をしなければ意味がありません。

できるだけ頭皮に負担を掛けないようにできるシャンプーのやり方はいくらでもあるので積極的に取り入れ、赤ちゃんにとって優しく心地よいシャンプーを目指しましょう。

シャンプーを嫌がるときの対策方法

赤ちゃんは沐浴は好きでもシャンプーを嫌がるという子は少なくありません。

仰向けになっているのが嫌なのか、泡やお湯を頭にかけられるというのが嫌なのかは分かりませんが、髪の毛自体を洗うことに抵抗する子もいます。

嫌がることをしたくはないけれど、しっかり頭皮を洗わないと肌トラブルにもなるし衛生的にも問題があるので、どうしてもシャンプーはしなくてはならないと頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

シャンプーを嫌がるときの対策方法として、まずお湯を顔や頭にかけられるのが嫌だと感じている子の場合には、優しく声を掛けながらお湯をかけてあげるようにしましょう。

まだこちらの言う言葉を理解できなくても、優しいお母さんだったりお父さんだったり、とにかく自分の信頼している人の声が聞こえる状態であれば安心できます。

何も言わずに突然頭や顔にお湯がかかってくると当然びっくりしてしまいますし、不安に思います。なのでできるだけその不安を取り除いてあげるために「お湯をかけるよー」とか「温かいねー」といった言葉をかけて上げることはとても大事なことです。

また言葉をかけてあげる他にも、お湯をかける時に顔の方にお湯が流れかかってこないようにおでこに乾いたタオルを置くとか、洗う人の手をおでこに置くといった配慮をしてあげましょう。

シャンプーハットを使用するというやり方も一つの方法ですが、頭に何かをはめるというのが逆にストレスになって泣くというのも考えられるので、その子に合ったやり方で行いましょう。

言葉が少しずつ理解できるようになってきたら、10数えたら終わるよといったお約束を取り入れても良いですし、お風呂自体を楽しいと思ってもらう気持ちだけはキープできるように、お風呂で楽しく遊べるおもちゃを用意しておくというのも一つのやり方です。

また、赤ちゃんのペースに合わせるのではなく、勢いよくササっとお湯で洗い流す荒治療で無理やりシャンプーに慣れさせるというのも時として有効です。

特に沐浴から一緒にお風呂にはいれるようになり、一人で座ることが出来るようになれば、洗面器やシャワーでジャブジャブ洗い流してしまい、「頑張ったね」と大げさに褒めまくってあげるのもいいでしょう。

まだ小さな赤ちゃんだと、歌を歌ったり気をそらすような大きくて明るい声を出してみたり、擬音を使いながらきょとんとさせたところでサッと洗ってしまうといった方法なども有効です。

親も赤ちゃんも楽しい沐浴を

特に初めての育児をする際、まだ小さくて首もすわっていないような赤ちゃんを沐浴させるのは、不安であったり心配だったりするかもしれませんが、赤ちゃんはそんな親の感情をしっかり感じ取ります。

なので親が「落としたらどうしよう」とか、「無事にいれなければ」と不安でこわばった表情をしていると、それを敏感に感じ取って赤ちゃん自身も不安で泣き出してしまいます。

なので沐浴をする際には、赤ちゃんが安心してお湯に浸かることができるよう、親は笑顔で明るい表情を向けてあげましょう。「気持ちいいね」とか「温かいね」といった言葉をかけてあげながらお湯をかけてあげるのもいいでしょう。

赤ちゃんが気持ちよさそうな顔をしていると、こちらも嬉しくなりますし、赤ちゃん自身も沐浴を楽しみリラックスできるようになります。

親も楽しみながら沐浴をする事で、赤ちゃんもこの時間は楽しいなと感じることができますし、沐浴を嫌がっているので入れるのに躊躇するといった場合にも、沐浴の時間が楽しいと思えれば次第にリラックスして沐浴を楽しむことが出来るようになります。

沐浴の際に赤ちゃんが泣くしこちらも落としそうで不安だと思いながら沐浴をしている場合には、赤ちゃんが泣きだすと余計にこちらも焦ってしまいますし、早く終わらせなければと余計にこわばってしまいます。

その時に自分の不安が伝わっているんだと理解できれば、笑顔で接して赤ちゃんにも沐浴は楽しいものだと伝えることができます。でも気づけないままでこわばったままの沐浴を続けると、親子で沐浴を嫌になってしまいます。

ですから沐浴を不安だと感じる前に、まずは赤ちゃんに微笑みかけて「楽しいね」「気持ちいいね」と話しかけてあげるようにしましょう。沐浴は体や髪の毛を清潔にするだけが目的ではありません。

沐浴は親子のスキンシップやコミュニケーションをとる場でもあります。

なので、ゆったりした気持ちで親子で楽しい時間を過ごすことが出来るよう心がけましょう。

沐浴に慣れていくうちに自然と赤ちゃんを落とさないようにとか、耳に水が入らないようにとかいった技術が徐々に身についていきますが、親子で楽しく過ごすためのコミュニケーションは、誰でも初めから持ち合わせている笑顔一つで実現できます。

赤ちゃんも大好きな人の笑顔と優しい声で安心できますし、沐浴は苦手と思わずに、親子で過ごすことが出来る楽しい時間と思って挑んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は美容院でもお客様からよく質問される赤ちゃんのシャンプーのやり方について詳しく紹介してみました。

赤ちゃんはとても肌がデリケートです。やさしいシャンプーを使ってあげて下さいね。



※赤ちゃんのシャンプーに関連する記事です。

赤ちゃんの髪のシャンプー方法!子供の髪を洗う美容師のやり方教えます。
赤ちゃんは肌が弱い!頭皮が赤い症状はシャンプーのやり方で防ぐ
赤ちゃんの頭皮も保湿が必要!乾燥したフケもシャンプーで治す。
子供の頭皮が臭いのはシャンプーに原因が有ります。正しいシャンプーの方法
アトピーの人に人気のアミノ酸シャンプー!子供の肌に優しい理由
子供のフケやかゆみの原因は乾燥!改善出来るシャンプー方法。
子供の頭皮がかさかさする原因!間違っているシャンプーを改善
フケに効くシャンプーは子供も使える!美容師おすすめです。

The following two tabs change content below.
カズ 大森

カズ 大森

美容師歴10年の現役美容師「カズ 大森」です。最近は人気の美容メーカーの工場見学が趣味で、気になった市販のシャンプーは、とりあえず自分で使ってみます。 今まで培った知識を存分につかって、おすすめシャンプーの口コミを紹介していきます。これが僕の使命だと思っていますので、全力でお伝えします。 趣味:仕事と読書。 釣りもたまにします。 好きなお酒:テキーラ。 お酒は強いですよ!! 好きな言葉:自由にのんびりと(組織が嫌いです) 血液型:A型(キッチリしてますよ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です