白髪染めシャンプー・トリートメントを徹底比較!推奨される頻度

鏡を見るたびに、どうしても気になってしまう白髪。

白髪の分量が多ければ、逆に白髪を活かしたヘアスタイルが楽しめるけれど、「ちらほら白髪」の年代が一番やっかいですよね。

しかも白髪に限って、なぜか元気がいい髪であることが多く、髪の分け目に「スクっ!と元気に立ってしまう白髪で悩む」なんていう方も結構いらっしゃいます。

一番手軽なのは、美容室や自宅でカラーリング(髪染め)をすることですが、髪や頭皮へのダメージを考えると、あまり頻繁にはできないという面もあります。

だからといって、白髪をそのままにしておくと、女性にとっては避けたい「実年齢よりグッと老けて見られてしまう」という状況にもなりかねません。

そこで、こちらでは、最近大きく進化したといわれている、「白髪染めシャンプー・トリートメント」について詳しくご紹介していきます。

今回の記事では人気の白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントのメリットやデメリットを比較して、特徴がわかるような記事を目指しています。

最後には白髪染めの推奨される使用頻度もご紹介していますので、白髪染めの選び方がわからない方は参考にしてみてください。

※関連記事

白髪を予防するにはシャンプーがおすすめ!

白髪のメカニズムが知りたい!

まず最初に、どうして白髪になってしまうのか、そのメカニズムを見ていきましょう。

多くの場合、白髪は老化現象の一部なので、「白髪をパーフェクトに防ぐ」ことは不可能です。

「白髪=老化」であることは、ほぼ間違いないのですが、実は黒髪・金髪・茶髪・白髪にかかわらず、生まれたての「髪の毛」は、「白い」のをご存知ですか?

ちょっと不思議な気がしますが、生まれたての「白い」髪は、成長していく過程で、人それぞれ違う分量の「メラニン色素」が自然に混ざっていくのです。

「メラニン色素」には、ユーメラニン(黒色メラニン)とフェオメラニン(黄色メラニン)の2種類があり、その組み合わせや分量によって、その方独自の髪色になっていきます。

「メラニン色素」は、毛根の一番下にある「メラノサイト」で作られています。

そして、メラニン色素を生成するためには、「チロシナーゼ」という酵素が不可欠でもあります。

主に加齢によって「チロシナーゼ」の量が減ってしまうことから、生まれたての「白い」毛は、色をつけることができず、ずっと白いまま(白髪)になってしまうのです。

「白髪染めシャンプー・トリートメント」と「白髪染めのカラーリング」の違い

「白髪のメカニズム」を理解していただいたところで、次は白髪を染める方法について見ていきましょう。

一般的には、年代にかかわらず、「白髪はカラーリングする」という方がほとんどです。

もちろん、一番キレイに白髪をカバーできるのは、カラーリングで白髪に色をつけることではあるのですが、その「頻度」には、かなり気をつける必要があります。

カラーリングというのは、美容室・自宅カラーリングにかかわらず、強い染色力を持つ「ヘアカラー剤」を使います。

ヘアカラー剤を使って染めた髪は、色落ちすることもなく、染めた瞬間はキレイです。

でもその反面、頭皮にも髪にもかなりのダメージを与えてしまうため、最悪の場合、「頭皮がかぶれる」「抜け毛・薄毛になってしまう」リスクもゼロではありません。

ヘアカラーの他にも、「カラーヘアマニュキュア」や「へナカラー」という方法もあります。

ただ、カラーヘアマニュキュアは、頭皮や髪には優しいものの、頭皮につくと取れなくなる反面、非常に色落ちしやすく、ヘナカラーは、非常に時間がかかり、色の種類が限られている、というマイナス面も考慮する必要があるのです。

「白髪染めシャンプー・トリートメント」は、時間や手間はヘアカラーに比べると多少かかるものの、頭皮や髪に非常に優しく、自宅で手軽に使える!というのが一番のメリットです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美容師おススメの「白髪染めシャンプー・トリートメント」ってどんなもの?

最近は、数多くのメーカーから、「白髪染めシャンプー」「白髪染めトリートメント」が発売されていますね。

ドラッグストアのヘアカラーコーナーにも必ずといっていいほど、少なくとも3~4種類は置いてあるのをよく見かけます。

でも、どれを選んだらいいのかという点で見ると、ヘアカラー剤に比べて、そこまでまだ一般的ではないこともあり、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

一般的なシャンプーやトリートメントに比べると、やはり、「白髪も染まる」効果がある分、お値段もそれなりに高くなります。

だからこそ、「髪にダメージを与えず、本当に染まるものを選びたい!」という方におススメしたいのが、これからご紹介する「白髪染めシャンプー」と「白髪染めトリートメント」です。

美容師が徹底的に比較してご紹介いたします。

※関連記事
白髪染めシャンプートリートメントの使い方!

利尻白髪染めシャンプー

公式サイト サスティの[白髪用]利尻カラーシャンプー

白髪染めシャンプーの草分け的存在なのが、自然派clubサスティから発売されている「利尻白髪染めシャンプー」です。

そのネーミングの通り、海にそよぐ昆布をイメージさせるような、ディープグリーンのボトルは、「ドラッグストア等で見たことがある!」という方も多いでしょう。

利尻白髪染めシャンプーには、

・シャンプーしながら白髪が自然に染まる(無添加・アミノ酸系シャンプーに2つのカラー成分と植物染料を配合)
・植物由来の天然色素である「シコン」「クチナシ」「ウコン」「アナトー」が使われており、髪や頭皮をいたわりながら、白髪を染められる
・無添加・無香料・ノンシリコン・パラベン不使用・タール系色素(法定色素)不使用・4級アミン不使用・酸化剤不使用・無鉱物油・ジアミン系色素不使用なので毎日使っても髪や頭皮にやさしい
・ミネラル豊富な北海道利尻産の「天然利尻昆布」が、パサついた髪をしっとりまとめてくれる
・天然由来27種のうるおい成分が配合されているので、使い心地がとてもやさしい

といった多くの嬉しい特徴があるのです。

また、白髪染めシャンプーの中では比較的珍しく、お好みに合わせた「4色のカラー展開」であることも嬉しいですね!

価格

通常価格は税込み3,780円です。公式サイトには初回限定キャンペーンがるので通常価格から1,000円オフで購入できます。

臭い

無香料のシャンプーです。

口コミ

【低刺激】全くありません

【染めあがり】まだ10回くらいしか使っていないので白髪にうすーく茶色が入っている感じです。なかなか根元が染まりません。

【においが穏やか】気になるようなにおいはありません。

【ツヤ】このシャンプーに変えてからつやが出てしっとりしています。

【持続性】続けて使って染まっていくのでこれからを期待しています。

【使いやすい】トリートメントは面倒な感じだったのでシャンプーだけで染まるというのは簡単で大助かりです。

【その他】シャンプー後すぐは爪の中に色が残りますがその後石鹸で体を洗って いるうちに気にならない程度に落ちています。

色選びにだいぶ迷い結 果ライトブラウンに決めましたが思っていたよりは赤くなく良かったです。

今まで白髪染めを毎月美容室でやってもらっていましたが、無添加の白髪染めシャンプーを皆さんの口コミで知り購入。

まだ1回しか使用してませんが、髪が滑らかになった気がします。匂いは全く気になりませんし、手が黒くなってしまうのではないかと心配してましたが問題ありません。

効果の方はこれからですので継続していきます。

http://ikumou-professionals.com/3025.html

利尻ヘアカラートリートメント

公式サイト サスティ/利尻ヘアカラートリートメント/初回限定1000円OFF

日本で最も売れているカラートリートメントが利尻ヘアカラートリートメントです。こちらも自然派clubサスティから発売されています。

利尻ヘアカラートリートメントには、

・植物由来の28種類のうるおい成分を配合
・髪の毛や頭皮に悪影響のある、ジアミン、タール系色素、パラベン、酸化剤、シリコン、香料、鉱物油など完全無添加
・白髪染め特有の嫌なニオイもなく白髪を染めることができる
・トリートメントなので髪の毛がしっとりして艶も出る。手触りもサラサラでなめらか

などの特徴があります。

こちらもシャンプーと同じく4色のカラー展開がありますので、ご自身の髪色に合う色を選ぶことも簡単です。

価格

通常価格が税込3,240円です。こちらも公式サイトには初めての方限定のキャンペーンがありますので、通常価格よりも1,000円おやすく購入できます。

臭い
無香料のヘアカラートリートメントです。

口コミ

髪の内側に白髪を発見したので使用してみました。

ネットで検索して、1番染まりやすい方法で乾いた髪に塗り込み30分放置後、お湯で洗い流すのみ!1回でも染まりましたが、2回目の方が確実に染まり、しかもツヤも出ました。

サラサラになったし、思ったよりは簡単だしまたリピートします!

嫌な匂いがない

2色購入して使い比べてみました。写真は左がダークブラウン、右がブラック。

美容院から3週間たつと生え際の白髪が目立ちはじめるので、顔周りと頭頂部の分け目のみのリタッチに使っています。

ダークブラウンは赤みがあり、ブラックのほうがしっかり染まりました。

リタッチには自分の髪の色よりも少し暗い色を選ぶといいそうです。

私はダークブラウン1色よりもブラックのみか2色混ぜた色のほうがあいました。

http://beauty-professionals.net/5438.html

ルプルプヘアカラートリートメント

公式サイト ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

株式会社Jコンテンツから発売されている、「海の恵みとバイオの力で、美髪をはぐくむ」ことをコンセプトに作られた、エイジングヘアケアシリーズ・ルプルプ(LpLp)のヘアカラートリートメント。

バイオテクノロジー関連の研究開発企業、「タカラバイオ」と共同開発されたルプルプヘアカラートリートメントは、

・頭皮と髪にやさしい「ベニバナ・クチナシ・藍の葉や茎」といった天然染料を使用しているので、お肌の弱い方でも安心して使える
・保湿成分たっぷりの、希少品種である「カゴメ昆布」から抽出した「ルプルプWフコイダン」の働きで、しっとりとツヤのある染め上がり!
・トリートメントタイプなので、自宅で手軽に、簡単に染められる
・ブラウン系3色・ソフトブラックの計4色から好みの色を選べる

このように、自宅でも手軽に、髪や頭皮に優しく、「しっとりとした艶髪」に染め上げてくれるのがポイントです!

価格

通常価格は税込み3,240円です。公式サイトには初回購入者限定のお試しキャンペーンがあり税込1,980円で購入できます。

臭い

薄いフローラルの香り。

口コミ

幾つかの種類のカラートリートメントを使用しましたが、一番効果があったのでリピしています。

価格は高いほうだと思いますが、1,000円台のは効果がほとんどないのでこちらがおすすめです。

ジアミンアレルギーなのですが、こちらの商品は髪や頭皮に優しいです。

髪もさらっとした仕上がりになるので気に入っています。

ルプルプヘアカラーフォーム

公式サイト LPLP 白髪ケア・ヘアカラーフォーム

こちらの商品はルプルプヘアカラートリートメントの泡タイプです。不器用な方でも簡単に白髪染めができる泡タイプのヘアカラートリートメントとして人気があります。

ルプルプヘアカラーフォームの特徴は、

・泡タイプなので根本や生え際の白髪も簡単に染めることができる
・10分で白髪染めができるので手軽で簡単
・ジアミンやタール系色素などが配合されていないので、髪の毛やお肌の弱い人でも安心して使用できる
・髪の毛になじみやすいので、不器用な方でも簡単に白髪染めができる

などです。

カラーバリエーションはベーシックなダークブラウンとブラックがあります。

価格

通常価格は税込み3,780円です。公式サイトには初回限定キャンペーンがあり、全額返金保証付の税込1,980円で購入できます。

臭い

薄いアロマの香りです。

口コミ

髪のパサ付きと抜毛が気になって、髪と頭皮に優しいLPLPを使ってみました。

香りがツンとした刺激臭でなく、アロマの香りで嬉しかったです。泡でシッカリ白髪を包み込むのでムラにならずに染めやすかったですね。

ブラシが付いていて髪をとかしながら塗っていくので使いやすかったです。

30分位置きましたが、真っ茶色には染まりませんが、薄く色づいて白髪が気にならなくなります。

パサパサにならずにサラサラのままで良かったです。また、1ケ月後に使いたいです。

資生堂プリオール カラーコンディショナー

公式サイト 資生堂プリオール

資生堂が発売している、生え際の白髪をしっかりと染めることができるカラーコンディショナーです。

放置時間が5分とヘアカラートリートメントの中ではとても短い商品です。

資生堂プリオールカラーコンディショナーの特徴は、

・根本や生え際の白髪が染めやすい
・髪の毛にボリュームアップ効果がある
・髪の毛のぱさつきやきしみを改善できる
・ゆっくりと自然に白髪が染まる

などです。

カラーバリエーションはブラック、ダークブラウン、ブラウンの3種類です。

価格

税込み1,382円です。

臭い

フローラルグリーンの香り

口コミ

何本使ったかわからないくらい購入しています。

ブラック以外の色を2色使っています。

ヘナやシエロを2本づつ試しましたがこれがいいです。

こちらのの2本に比べて少し柔らかいので髪に馴染ませやすいです。

あと染まりがこちらの方が若干良く早い感じがします。

あと2本に比べて髪の毛がきしみにくい。

ポーラグローイングショットカラートリートメント

公式サイト グローイングショット カラートリートメント

ポーラが開発した、髪のダメージを補修しながら白髪を染めることができるカラートリートメントです。

カラートリートメントの中ではツヤを出す効果が高いので、ロングヘアの女性に人気があります。

ポーラグローイングショットカラートリートメントの特徴は、

・ カラートリートメントなのにトリートメント効果が高いので髪の毛がサラサラでツヤが出る
・美容院の白髪染めの間に使用することでカラーリングの頻度を減らすことができる
・1回でもしっかりと白髪が染まる
・髪の毛にハリコシも出る

などです。

カラーバリエーションはブラックとブラウンの2種類です。

価格

税込3,132円です。公式サイトからは送料無料で購入できます。

臭い

シトラスを効かせたスパイスフローラルの香りです。

口コミ

毎日の頭皮マッサージのおかげか、最近髪の伸びが良くて美容院でカラーして二週間ほどで根元の白髪が気になってきます。

自分でヘアカラーでリタッチせず、この頃はカラートリートメントで何とかもたせています。

色はブラウンにしました。

カウンターでブラウンの方が赤味が強いということで、こちらをチョイスしました。

私は乾いた髪に使っていますが、素手で塗ると手まで染まります。

お風呂に入れば落ちますが、使い捨てのビニール手袋をして使っています。

使うと一週間ほどモチますので、染まり具合はいいと思います。

髪の手触りはいいので、トリートメント効果もいいと思います。

ポーラはヘアケア製品はお手頃ですね。

2本目ですが、使い切ったらリピートします。

キラリ

公式サイト 白髪用カラートリートメント【キラリ】

株式会社ナノエッグの白髪用カラートリートメント泡タイプです。

1回でしっかりと白髪を染めることができるので、白髪の多い女性でも簡単に白髪染めができます。

しかもジアミンを配合していませんので髪の毛を痛めることもありません。

キラリの特徴は、

・髪の毛を傷めないトリートメントなので毎日使用することも可能
・1回でしっかりと白髪を染めることができます
・19種類の美容成分を配合してあるので、髪のハリコシも出て髪がボリュームアップ
・髪のぱさつきが改善できて髪の毛にツヤが出る

などです。

カラーバリエーションはブラック、ダークブラウン、ライトブラウンの3種類です。

価格

通常価格は税込み3,456円です。公式サイトでは初回限定特別価格の税込み2,760円で購入できます。

臭い

優しいグリーンフローラル系の香りです。

口コミ

光を集めてキラキラするエアゾール缶で、綺麗です。

キャップが、ピンク色でかわいいです。

シュッとすると、濃密な泡で出てきます。

髪につけても、液だれしにくく、ピタッと密着するムースです。

ムラなく、1本1本に密着するので、染まります。

1回の使用からしっかりめに染まりました。

ニオイが穏やかなので、ストレスフリー★

髪に塗って、10分置いた後にシャンプーするだけでいいので、簡単でした。

髪のきしみも感じませんでした。

グローリン ワンクロス

公式サイト たった週1回のシャンプーで若々しく!

株式会社ソシアが発売している、1回でしっかりと白髪を染めることができる白髪染めシャンプーです。

染まり具合を徹底的に追求した白髪染めシャンプーで、白髪を染める効果の弱い白髪染めシャンプーのデメリットを改善して作られました。

グローリン ワンクロスの特徴は、

・週1回の使用で白髪をしっかりと染めることができる
・アミノ酸シャンプーなので髪の毛も痛まずに、頭皮にも優しい
・普通にシャンプーするだけなので使い方がとっても簡単
・髪の毛にハリコシが出てぱさつきを改善できる

などです。

カラーバリエーションはリアルブラックとナチュラルブラウンの2種類です。

価格

通常価格は税込み5,800円です。公式サイトの定期コースを利用すれば、税込3,780円で購入できます。

臭い

無香料シャンプーです。

口コミ

適度な染まり具合が気に入っています。市販のものだと染まり過ぎたりしますが、グローリーワンクロスだと自然な感じに染まってくれます。

また、髪の傷みもほとんどなく気に入っています。

これからも使い続けたいと思います。

染めても嫌なニオイもなく、綺麗に染まってくれるので気に入っています。

週に1回シャンプーをするだけと手軽なのも気に入っています。使い続けたいと思う商品です。

比較図

白髪染めトリートメントのデメリット

白髪染めトリートメントにはデメリットもあります。使用する前に知っておきましょう。

・明るめの白髪染めができない
白髪染めトリートメントは脱色効果のない白髪染めなので、黒髪を明るく染めることができません。

ですから自毛を明るくして明るめの白髪染めにしたい方には白髪染めトリートメントは不向きです。明るめの白髪染めにしたい方は白髪染めカラーを使用しましょう。

・手が汚れる場合がある
商品によっては手が汚れる商品もあります。手が汚れる商品の場合は手袋などをつけて、手にトリートメントがつかないように注意しましょう。

もし手が汚れてしまった場合は石鹸で洗って落としましょう。割と簡単に落とせますよ。

・髪の毛が濡れると色が落ちる
白髪染めトリートメントを使用している方は、プールに入って髪が濡れるなどすると色が落ちる場合があります。

雨で色が落ちることもありますので、髪の毛を濡らさないように注意しましょう。

白髪染めシャンプーのデメリット

白髪染めシャンプーにもデメリットがあります。

・ かぶれる場合がある
白髪染めシャンプーに限ったことではありませんが、商品によってはかぶれる場合も有ります。使ってみて頭皮に違和感がある場合は使用を中止しましょう。

・壁や床につくと色が落ちにくい
シャンプーの原液が浴槽の床や壁につくと色が落ちにくいです。

シャンプーをしている時の泡はそれほど気にしなくてもいいですが、シャンプーの原液が床に落ちてしまった時はすぐにシャワーで流したほうがいいです。

白い床や壁の場合は注意しましょう。

・すぐに白髪が染まらない
白髪染めシャンプーはすぐに白髪が染まりません。

何回も使用しているうちに徐々に白髪が染まっていく白髪染め用のアイテムです。すぐに白髪を染めたい人には不向きなアイテムです。

白髪染めの頻度を種類別に比較

美容師がオススメする使用頻度もご紹介しておきます。

商品によっては髪の毛が痛む白髪染めもありますので使用頻度には注意しましょう。

白髪染めシャンプーの使用頻度

全く白髪染めをしたことがない人が、白髪染めシャンプーを使って白髪を染める場合は、1週間は毎日使用しましょう。

商品によっては一度の使用で白髪が染まるシャンプーもありますが、ほとんどの白髪染めシャンプーはゆっくりと白髪を染めていきます。

最初の1週間は連続して使用して、白髪が染まった後は3日に1度の使用がオススメです。

白髪染めトリートメントの使用頻度

初めて白髪染めトリートメントを使用する方は三日間連続して使用しましょう。

白髪染めシャンプーよりも白髪染めトリートメントの方が白髪に色が入りやすいです。

しっかりと白髪が染まったら、後は1週間に1度程度使用すれば髪色を維持できると思います。

あまり使いすぎると髪色が黒くなる場合もありますので注意しましょう。

白髪染めカラーの使用頻度

白髪染めカラーの使用頻度には注意が必要です。

白髪染めカラーは髪色を明るくできる白髪染めですが、脱色効果があるので髪を痛めてしまいます。

アルカリ性の薬剤なので頭皮にも負担がありますので、できれば1ヵ月に1回程度の使用がオススメです。

途中で根本や生え際の白髪が気になる方は、髪の毛や頭皮に負担のない白髪染めトリートメントや白髪隠しなどを使用してカバーする方法が、地肌を痛めない方法なのでオススメです。

白髪染めカラーの使用は多くても、1ヵ月に1回までと覚えておきましょう。

ヘアマニキュアの使用頻度

ヘアマニキュアは酸性カラーで、髪の毛を痛めませんので、使用頻度はあまり気にしなくてもいいと思います。

ただし1ヵ月に4回以上使用すると、酸性の薬剤による髪の収れん作用が起こり、髪の毛が硬くなってしまう場合もあります。

白髪が気になる方は1ヵ月に2回程度の使用なら全く問題ありませんのでご安心下さい。

ヘナの使用頻度

ヘナはもともと乾燥した植物を粉末にした薬草なので、毎日使用しても全く問題ありません。

ヘナで白髪染めをする場合は、一度の使用でうっすらとしか白髪が染まりませんので、最初の1週間は毎日使用することをオススメしています。

ヘナは頭皮や髪にも安全なので毎日使用しても大丈夫です。

※商品によってはヘナと表記されていますが、100%ヘナではないジアミンを配合している白髪染めヘナもあります。

そのような商品の場合は頭皮や髪の毛にも負担がありますので、毎日使用する事は避けましょう。毎日使用しても良いヘナは100%ナチュラルのヘナです。

白髪隠しの使用頻度

白髪隠しも毎日使用しても髪の毛や頭皮に負担はありません。

白髪隠しには徐々に白髪が染まっていく商品もありますので、根元や生え際の白髪がすぐに気になる方にはオススメのアイテムです。

美容院で白髪染めをしていて、すぐに根元の白髪が気になる方は1つ持っておくと便利なアイテムなのでいいと思いますよ。

白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを絶対使用してはいけない人!

美容院でパーマをかける人は、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメント絶対使用してはいけません。

パーマの薬剤に含まれているアルカリ剤と反応して、髪の毛が青色や緑色に発色してしまうからです。

いちど青色や緑色に発色すると直すことも難しいので、パーマをかける方は白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントで白髪染めをするのは避けましょう。

白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使用していてパーマをかけたい方は、必ず美容師にご相談ください。

まとめ

ここまで見てきたように、白髪染めシャンプーやトリートメントの利点は、シャンプー時に手軽に使えて、大切な髪や頭皮へのダメージがないこと。染め上がりが自然で、しっとりとしたツヤ髪に仕上がることなどがあげられます。

効果的に白髪を染めるためには、「シャンプー前に髪をブラッシングして、汚れを浮かせておく」「お湯で髪をよくすすいでおく」といった下準備も大切になってきます。

また、少々お値段が高めではありますが、ケチらず、「たっぷり」とした量を、白髪が気になる部分に使用することも、とても大切です。

かしこく、白髪染めシャンプーやトリートメントを利用して、「いつ見ても、ツヤのあるキレイな髪の女性」を目指したいですね!



※関連記事
人気白髪染めトリートメントおすすめランキング!美容師が徹底比較
10代20代若白髪の多い原因は
白髪を減らす方法にはシャンプーが効果的!
白髪染めシャンプーは使わない方が良い!
白髪を染めるヘアカラートリートメント!しっかりと染まる方法とやり方
美容師おすすめヘアカラートリートメント!
白髪染めをしている人へ!美容師おすすめ市販のシャンプーは、ヘアカラーの色落ちを防ぐ
白髪を減らす方法!
市販の人気白髪染めトリートメントを徹底比較!オススメランキング18選
市販の白髪染めシャンプーランキング!
白髪染め泡タイプ(ムース)人気ランキング
白髪隠し人気ランキング!美容師おすすめベスト9
ヘアカラートリートメントの口コミランキング!

The following two tabs change content below.
カズ 大森

カズ 大森

美容師歴10年の現役美容師「カズ 大森」です。最近は人気の美容メーカーの工場見学が趣味で、気になった市販のシャンプーは、とりあえず自分で使ってみます。 今まで培った知識を存分につかって、おすすめシャンプーの口コミを紹介していきます。これが僕の使命だと思っていますので、全力でお伝えします。 趣味:仕事と読書。 釣りもたまにします。 好きなお酒:テキーラ。 お酒は強いですよ!! 好きな言葉:自由にのんびりと(組織が嫌いです) 血液型:A型(キッチリしてますよ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です