フルボ酸シャンプー(ふるうる)の成分解析!フルボ酸の効果と効能

1本6,000円もする高級シャンプーなのに、口コミだけで10万本以上売れている、フルボ酸シャンプー(ふるうる)の成分を解析をしちゃいます。

ghg

テレビcmやドラッグストアなどでも全く見かけない、フルボ酸シャンプー(ふるうる)。フルボ酸の効果や効能が良いので、ネットのみで売れている秘密のシャンプーみたいです。

お世話になっている美容ディーラーさんからの情報で、(ふるうる)を1本いただき使用してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フルボ酸シャンプー(ふるうる)の使用感

tyutyuu

洗ってみた感想は、泡立ちが普通のシャンプーよりも少し弱い感じです。

リンスやトリートメントなどがセットではない、オールインワンシャンプーなので、髪がきしむかと思いましたが、思った以上に髪の手触りはよかったです。

髪の長さがミディアムくらいの人までは、シャンプー1つでイケると思います。それ以上、髪の長い方は、トリートメントや、洗い流さないトリートメントをつけた方が、良いのではないかという見解です。

フルボ酸シャンプー(ふるうる)成分を解析

rtu

フルボ酸エキスラウレス6酢酸、BG,ラウラミドプロピルベタイン、コミカドDEA,、デキストリン、カプリリルグリコール、水酸化Na、フェノキシエタノール、エチドロン酸、ポリクオタニュウム-10、香料(レモンバーム)

フルボ酸の効果

フルボ酸とは、すべての生物が栄養素を吸収する際に、絶対に必要なものらしいです。すべての生物の成長ホルモンになる成分で、とても重要な物質みたいです。

(フルボ酸の効果効能に関しては、少し難しくなりますのでフルビオ・ジャパン公式サイトをご覧くださいね。)

ラウレス-6酢酸の効果

ラウレス-6酢酸は石鹸系の洗浄成分で、頭皮や皮膚と同じ、phが弱酸性ですので皮膚に対する刺激が少ない洗浄成分です。(ラウリル硫酸とは名前が似ていますが、待ってく違う成分です。ご安心ください)

しかも、ラウレス-6酢酸は髪にも優しい成分で、洗い上がりの際も、髪がゴワゴワしない特性があります。この成分がシャンプーの主成分なので、泡立ちが弱いのでしょう。

成分解析をしてみて1番びっくりしたことが、フルボ酸シャンプー(ふるうる)の成分で、 1番多く含まれているのがフルボ酸だと言うことです。

普通シャンプーに1番多く含まれている成分は水です。その次に多く含まれているものが洗浄成分です。

しかしフルボ酸シャンプー(ふるうる)はフルボ酸が1番多く含まれていて、2番目に洗浄成分です。ですからコストが高くなっているのでしょうね。

フルボ酸の髪や頭皮に関する効果効能

jf

抗菌作用や炎症を抑える効果、活性酸素の除去、UVカットなどに効果があります。

特に抗菌作用や炎症を抑える効果に優れていて、アトピーやアレルギー性鼻炎、気管支喘息の治療に病院でもフルボ酸が使われています。

ですからシャンプーに配合することにより、頭皮トラブルの改善に効果があります。

使った人の口コミを見ても、頭皮湿疹やフケ、かゆみ、脂漏性皮膚炎などに効果が良く、育毛効果もあると思います。頭皮トラブルで悩んでいて、どんなシャンプーを使ってもあまり効果が無い方には、1度使って見ても良いシャンプーだと思いました。

今回は噂の、フルボ酸シャンプー(ふるうる)の成分解析でした。

美容師の成分解析としては、頭皮トラブルのある人におすすめできるシャンプーです。

参考にして下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です