子供の頭皮がかさかさする原因!間違っているシャンプーを改善

子供の頭皮がかさかさして、かゆくなっている原因はシャンプーのやり方が間違っているからかもしれません。

hdhd

子供も1人でお風呂に入るようになると、シャンプーをどのようにしているのか、全く分から無いですよね。

スポンサードリンク

子供に聞いても、『洗った、洗った!!』とお風呂場から出てきますが、頭皮の匂いを嗅いでみると、(なんだか臭いなぁ)ってことも多くあると思います。

確かに自分も昔、シャンプーがめんどうで、お風呂に入っても頭にお湯をかけるだけで、シャンプーをしたふりをして、お風呂から出てきたことも何回もあったように思い出します。

それくらい子供にとっては面倒くさいシャンプー!!しっかりとお父さんやお母さんが教えてあげないと、正しいシャンプーはなかなかしてくれません。

jfj

子供の頭皮がかさかさする原因も、シャンプーのやり方が間違っている場合がほとんどです。

そこで今回は、子供の頭皮がかさかさする原因を作っている、シャンプーのやり方を改善しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供の頭皮がかさかさする原因はこれだ!!

eg

1 シャンプーの成分が合わない

皮膚の弱い子供の場合、大人が使っているシャンプーの成分では、洗浄力が強すぎる場合があります。

洗浄力の強い、頭皮に合わないシャンプーで毎日洗うことにより、頭皮がかさかさになってしまいます。

子供は頭皮が弱いものと考え、頭皮にやさしい成分のシャンプーを使うことが望ましいです。

2 強く洗う

かさかさしている頭皮は、かゆい場合が多いです。シャンプーの時に頭皮がかゆいからといって、強く頭皮を洗ってしまっては、症状をさらに悪化させてしまいます。

子供の頭皮がかさかさする場合は、シャンプーの時も強くこすらないようにする事と、痒くても掻かないように指導することが大事です。

強く洗ったり掻いてしまって、はさらに症状が進んでしまいます。

3 お湯の温度が高い

シャンプーをするときのシャワーのお湯の温度が高いと、頭皮がかさかさになりやすいです。

高い温度のお湯が好きな子どもの場合は、低い温度でシャンプーをするように、指導が必要です。

4 シャンプー成分の洗い残し

シャンプーの後のすすぎをしっかりとしていないと、頭皮にシャンプー成分が残りやすいです。

シャンプーの成分が頭皮に残る事で頭皮を乾燥させることもありますので、シッカリとすすぎが出来ているかをチェックしてあげましょう。

頭皮の臭いを嗅いでみて、シャンプーの匂いが残りすぎている場合は、すすぎが足りないと判断してください。

5 自然乾燥

シャンプーの後にドライヤーをせずに、自然乾燥で髪を乾かしている場合は注意が必要です。

頭皮を長い時間、濡れたままにしていることで、乾燥しやすい不健康な頭皮になりやすいです。シャンプーの後はすぐに頭皮を乾かしてあげて下さい。

tyi

以上、紹介した5つの項目がシャンプーの改善ポイントです。

子供さんがシャンプーの際に間違いやすいと思われるポイントをまとめました。(間違っているやり方はありませんでしたか??)

このシャンプーのやり方、5つのポイントを改善してあげることで、かさかさした頭皮は、健康な頭皮へと戻って行きますよ。子供のシャンプーを見直してあげてね。

子供のかさかさ頭皮の改善方法でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です