正しいシャンプーのやり方!頭皮環境を整える方法。

今回は、美容師が頭皮環境を整える、理想の正しいシャンプーのやり方をお伝えします。

rth

なぜ、ブログで正しいシャンプーのやり方を、お伝えしようと思ったのかと言うと、頭皮トラブルを抱えている人がとても多いからです。

美容室に来るお客様も昔と比べて、うす毛や抜け毛、頭皮湿疹、頭皮ニキビ、フケなどの症状を持っている人が確実に増えています。

ですから今回は、

シャンプーのプロである美容師が全力で、頭皮環境を整える理想の、正しいシャンプーのやり方をお伝えします。

fgsd

知らない情報もあると思いますので、これからシャンプーをする際の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頭皮環境を整える理想の正しいシャンプーのやり方

1 シャンプーは夜に!

時間の無い朝ではなく、時間に余裕のある夜にシャンプーをして下さい。急いでシャンプーをしてしまうと、汚れも取れませんし、マッサージも出来ません。

すすぎもしっかりできない為、頭皮にシャンプーの成分が残ることも!シッカリと時間をかけれる夜にシャンプーはして下さい。

CAM00219

2 毛穴の皮脂対策

毎日しなくても良いのですが、一週間に一度は、シャンプーをする前に毛穴の皮脂対策をして下さい。

シャンプーでは取れない皮脂の対策ですので、した方が頭皮トラブルにはなりにくくなります。やり方としては、ブラッシングや、頭皮オイル、ジェルなどによる皮脂対策です。シャンプーの前にする毛穴の皮脂対策です。

3  シャンプー選び

毎日使うシャンプーだからこそ、自分に合ったシャンプー選びが重要です。シャンプーの香りや髪の手触りだけで選ぶのではなく、自分の髪や頭皮に合ったシャンプーを選んでください。

自分に合ったシャンプーが良くわからない人は、私たち美容師がシャンプー選びのお手伝いをさせて頂きます。

※参考記事

現役美容師おすすめ!悩みを改善できる市販の人気シャンプーランキング!

4 すすぎはシッカリ!

最初のすすぎで、頭皮や髪の汚れの90パーセントを落とすことが出来ます。シャンプーに頼るのではなく、すすぎをシッカリとして汚れを取りましょう。

シャンプーは、すすぎで取れない汚れを取る為に、使う物と覚えておいてください。

tye

5 水道水の塩素除去

水道水に含まれる塩素で頭皮トラブルになる事があります。もちろん僕の美容室では、塩素除去が出来るシャワーヘッドを使っています。

肌の強い人は、そこまで考えなくても良いのかも知れませんが、赤ちゃんや子供、乾燥肌や敏感肌の人は注意された方がいいと思います。

乾燥肌でお悩みの人には効果があります。

3t43

6 シャンプーはこすらずマッサージ

頭皮や髪の汚れは、シャンプーの泡が落としてくれますので、指で頭皮をこする必要はありません。指の腹で優しくマッサージをして下さい。

頭皮をこすらないので、頭皮に傷が付く事もありません。だから頭皮トラブルを防げます。頭皮はこすらずに、マッサージ!覚えておきましょう。

7 シャンプーのすすぎもシッカリ

シャンプーのすすぎもシッカリとして下さい。シャンプー成分が頭皮に残ると、頭皮トラブルの原因になります。しつこいくらい、シッカリとすすぎましょう。

8 頭皮はドライヤーですぐに乾かす

シャンプーが終わった後は、すぐに頭皮を乾かして下さい。頭皮が濡れている状態が、菌の増殖しやすい状態です。素早く頭皮を乾かして、菌の増殖を防いで下さい。

この8つの項目が、頭皮環境を整える、理想の正しいシャンプーのやり方です。

tut

知らなかった項目もあったと思いますので、できる限り理想に近づけて、健康な頭皮でいて欲しいと思います。

今度は、髪を守る正しいシャンプーのやり方お教えしますね。お楽しみに。

The following two tabs change content below.
カズ 大森

カズ 大森

美容師歴10年の現役美容師「カズ 大森」です。最近は人気の美容メーカーの工場見学が趣味で、気になった市販のシャンプーは、とりあえず自分で使ってみます。 今まで培った知識を存分につかって、おすすめシャンプーの口コミを紹介していきます。これが僕の使命だと思っていますので、全力でお伝えします。 趣味:仕事と読書。 釣りもたまにします。 好きなお酒:テキーラ。 お酒は強いですよ!! 好きな言葉:自由にのんびりと(組織が嫌いです) 血液型:A型(キッチリしてますよ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です