ノンシリコンシャンプーはなぜおすすめなのか?美容師が理由を解説。

去年はノンシリコンシャンプーがすごく売れていましたね。

ts

シリコンが入っていないシャンプーの事を、ノンシリコンシャンプーと呼んで、シャンプーのCMなどでも、ほとんどがノンシリコンシャンプーと謳っていたと思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シリコンが入っていないシャンプー、ノンシリコンシャンプーがなぜおすすめなのか!!

tyueut

その理由を知っていますか?知らずに、なんとなくノンシリコンシャンプーを使っている人も多いと思いますので、ノンシリコンシャンプーのおすすめ理由を紹介します。

シリコンとは、人工的に作られた成分で、人体に対する危険性の少ない成分です。

髪に対しては手触りが良くなる効果が非常に強く、シリコンがブラシに塗られている商品では、髪を梳かすだけで、サラサラツルツルになりました。

ではなぜ、シャンプーにシリコンがおすすめできないのか?

rtu

その理由は、シリコンの特性で、一度髪や皮膚に付着すると取れにくく、どんどんシリコンが蓄積されていくからです。

皮膚に対しては危険性の少ないシリコンですが、髪に蓄積していくと手触りはサラサラになりますが、パーマやヘアカラーが出来なくなるのです。

しかも頭皮に蓄積されると毛穴を埋めてしまい、頭皮環境が悪くなります。

この状態が続くと、抜け毛や薄毛の心配もあるので、シリコンがあまり良くない成分とされたわけです。

美容院でも髪や皮膚に蓄積れたシリコンを取るために、シリコン除去剤などをよく使った時期もありました。それくらい、ほとんどのシャンプーにシリコンが入っていたのでしょうね。

最近ではシャンプーにシリコンが入った物は少なくなりました。

yirt

トリートメントには、髪の手触りを良くするために、少量のシリコンが入っているトリートメントも有りますが、蓄積しないシリコンを使用していますので心配は無いようです。

髪の手触りを良くしてくれるシリコンですが、蓄積していく弊害などをシャンプーメーカーもわからなかったのでしょうね。

だからどこのシャンプーメーカーもシリコン入りのシャンプーを作っていたのでしょう。

蓄積したシリコンもシリコン除去剤で取ることが可能ですので、気になる人は、美容室でお聞きください。

以上ノンシリコンシャンプーがおすすめの理由でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です