頭皮ケアの基本はシャンプーです!美容師が教える本当の目的。

頭皮ケアと言う言葉はご存知ですか?

jf

知っている人がいたらうれしく思います。頭皮ケアとは頭皮を健康な状態に保つこと!頭皮環境を整えることです。

スポンサードリンク

頭皮ケアがしっかりとされていて、頭皮環境が整っている人には、頭皮ニキビやフケ、かゆみ、頭皮湿疹、頭皮の臭いなどの症状が出る事は少なくなります。

しかも抜け毛や薄毛にもなりにくく、もしなったとしても早く改善ができます。

これほど重要な頭皮ケアの基本が、自宅のシャンプーでできちゃうんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は頭皮にとても重要な、頭皮ケアの本当の目的を美容師が紹介します。

fgsd

シャンプーが頭皮ケアの基本ですのでしっかりと勉強していきましょう。

頭皮ケアの目的1

頭皮ケアの目的で重要な事は、毛穴の皮脂をしっかりと取ることです。毛穴に皮脂が詰まっていることで様々な頭皮トラブルが起こります。

頭皮のべたつきと頭皮の臭い、くせ毛、脂漏性皮膚炎、頭皮にきび、抜け毛や薄毛などです。これらはすべて、毛穴の皮脂が主な原因で、頭皮の菌の増殖や乾燥など、様々な頭皮トラブルを起こします。

ですから毛穴の皮脂をとることが頭皮ケアの基本です。

rturtr

頭皮ケアの目的2

頭皮に必要な皮脂は残す。先程の話とは、相反するような気がすると思いますが、必要な皮脂を頭皮に残すことが重要です。

簡単に言いますと、毛穴の皮脂をしっかりととりますが、頭皮の皮脂は必要な分だけ残すことが大事です。

なぜ必要な分だけ、頭皮の皮脂を残さなくてはいけないのかといいますと、頭皮を外敵から守ってくれているのが皮脂なのです。

ですから頭皮の皮脂は必要な分だけ残さなくてはいけません。

頭皮ケアの1と2をまとめますと、毛穴の皮脂はシッカリと取り、頭皮に必要な皮脂は残すということです。

じつは、この2つの要件を満たしてくれるシャンプー成分があるのです。洗浄力は強く頭皮に刺激の少ないシャンプー成分です。

reghg

ラウリル硫酸などの成分は、洗浄力が強いのですが、頭皮の必要な皮脂までとってしまいます。一方、人工的なアミノ酸シャンプーでは、洗浄力がマイルドなのですが、毛穴の皮脂が取れません。

ここに毛穴の皮脂取ってくれて、頭皮に刺激の少ない成分ご紹介しておきます。美容師お勧めの成分なので覚えておいてくださいね。

美容師おすすめ成分は、ココイルグルタミン酸TEAや、デシルグルコシドなどです。

今回は頭皮ケアの本当の目的を紹介しました。

頭皮ケアの基本はシャンプーです。正しいシャンプー方法をお勧めしています。

The following two tabs change content below.
カズ 大森

カズ 大森

美容師歴10年の現役美容師「カズ 大森」です。最近は人気の美容メーカーの工場見学が趣味で、気になった市販のシャンプーは、とりあえず自分で使ってみます。 今まで培った知識を存分につかって、おすすめシャンプーの口コミを紹介していきます。これが僕の使命だと思っていますので、全力でお伝えします。 趣味:仕事と読書。 釣りもたまにします。 好きなお酒:テキーラ。 お酒は強いですよ!! 好きな言葉:自由にのんびりと(組織が嫌いです) 血液型:A型(キッチリしてますよ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です