ペット用シャンプー

ペット用シャンプーとは、犬や猫などを室内で飼う人が増えてきた近年になり、多くの家庭で使用しているペットを洗うために開発されたペット専用のシャンプーのことです。

tfttキャプチャ

人間用のシャンプーとペット用のシャンプーの違いは、使用している洗浄力に違いがあります。人間のシャンプーは頭皮の皮脂を落とすために洗浄力が強く作られていますが、ペット用シャンプーは人間の頭皮よりも刺激に弱いため洗浄力も弱く作られています。人間用のシャンプーでペットをシャンプーしてしまうと皮膚が荒れて皮膚トラブルにもなりやすいと言われています。ペットのシャンプーをするときはペット用シャンプーの使用が好ましいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペット用シャンプーの成分

人間用のシャンプーは含まれている成分を全て表示しないいけない、全成分表示が義務となっていますが、ペット用シャンプーには成分の表示義務がありません。実際にペット用シャンプーの成分表を見てみても、少量の成分しか書いていないことがほとんどです。

犬や猫などの皮膚の厚さはは人間の3分の1程度しかないと言われています。もともと毛に覆われていますので、シャンプーなどの洗浄成分などの刺激に対して弱いと思われます。出来る限りペットに優しい成分を使用した、安心できるペット用シャンプーをお使いください。

ペット用シャンプーの歴史

ペット用シャンプーが販売されて一般の家庭でも使うようになったのは本当に最近のことです。20年ほど前まではペットを飼っている家庭も少なく、ペット用品の売り上げもあまりありませんでした。しかも犬などのペットは昔は外で飼うのが一般的で、室内で犬やペットを飼う家庭も少なかったのが現状です。

最近になり核家族が増えたのと、ペットも家族の一員であると言うライフスタイルの変化から、犬や猫などのペットも室内で飼われるようになりました。室内で飼われるペットが増えたことと比例して、ペット用品の売り上げが急激に伸びることとなりました。ペット用シャンプーもここ数年で急激に売り上げが伸びているペット用品の1つです。

ペット用シャンプー使い方

1 軽くブラッシングをする

もつれた毛をブラッシングで直してからシャンプーしましょう。絡まったまま水で濡らしてしまうと毛が解けなくなってしまいます。シャンプーの前には毛のほつれを取るために軽くブラッシングしてください。

2 ぬるめのお湯で予備洗いをする

シャンプーの前にぬるめのお湯を使って全体を濡らしましょう。この時しっかりと全体を濡らすことで大部分の汚れも落ちます。ぬるめのお湯を使って予備洗いをしっかりとしてください。予備洗いをしっかりと行うとシャンプー剤をつけたときの泡立ちもよくなります。

3 シャンプー剤を塗布する

ペットの口や耳、目にシャンプー剤が入らないよう注意して、シャンプー剤を塗布しましょう。シャンプー剤は薄めずにそのまま使ってください。片手でペットを抑えながら頭部から尻尾にかけてシャンプー剤を塗布してください。

4 泡立てて皮膚をマッサージするように洗う

シャンプー剤を最初に泡立てて、しっかりと泡立ちを確認してから皮膚をマッサージするように、指の腹で揉むように洗いましょう。シャンプーの泡立ちが悪い時は汚れがひどい時です。汚れがひどい時は2度洗いしてください。

5 しっかりとシャンプーを洗い流す

ぬるめのお湯を使ってしっかりとシャンプー剤を洗い流しましょう。シャンプー剤が残っているとペットの皮膚が荒れる場合があります。ペットの皮膚トラブルもシャンプーが残っていると起こりやすくなりますので、しつこいくらいにしっかりとシャンプーを流してください。

6 水分を拭き取り乾かす

タオルでペットの水分を拭き取って、後はドライヤーとブラシを使って毛を整えながら乾かしてあげて下さい。水分が残ったままの状態は臭いの原因となります。シャンプーの後はドライヤーを使って乾かしてください。

ペット用シャンプー販売店

【アニマルガーデン】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です