シャンプーやり方、方法

シャンプーで頭皮を保湿する方法!決め手は洗浄成分

乾燥が気になる季節がやってきます。敏感肌や乾燥肌の人は頭皮の乾燥が気になる季節です。頭皮を保湿する方法には、毎日行うシャンプーが最も効果的です。

rturtr

 

どんなシャンプーを使えば頭皮を保湿することができるのでしょうか?シャンプーの洗浄成分に秘密があります!!

 

 

頭皮を保湿するシャンプーの洗浄成分とは?

 

※ グリチルリチン酸

グリチルリチン酸には、乾燥した頭皮に多い地肌の炎症を抑える効果があります。敏感肌や乾燥肌の人には頭皮にやさしい洗浄成分で、頭皮の保湿を守りながら地肌を洗ってくれます。

 

 

※ デシルグルコシド

こちらの洗浄成分は、多くの植物由来成分の中でも最も低刺激で、頭皮に必要な皮脂を残して地肌を洗ってくれます。頭皮の皮脂を守り地肌を乾燥させない洗浄成分です。

 

 

※  ココイルグルタミン酸TEA

こちらの成分は頭皮にダメージを与えない安全な洗浄成分です。荒れた頭皮を整えるコンディショニング効果の高い洗浄成分です。シャンプーするだけで頭皮を保湿する効果があります。

 

 

※参考記事

頭皮の乾燥を防ぐシャンプー!地肌を保湿する成分の効果とは?

 

 

シャンプーで頭皮を保湿する方法

シャンプーで頭皮を保湿する方法に使用して欲しいのが、アミノ酸シャンプーです。アミノ酸シャンプーは頭皮を保湿する効果が高く、洗浄力も弱いので頭皮に必要な皮脂を取りすぎません。毎日使用するシャンプーとしても頭皮を乾燥させないシャンプー成分としてオススメです。

※参考記事

市販のシャンプーでもアミノ酸シャンプーはある!見極める成分を紹介

 

シャンプーの際に、頭皮に必要な油分を取りすぎずに、頭皮を保湿する方法にはシャンプーのやり方も大切です。爪を立てて地肌を強く擦るようなシャンプーのやり方は、頭皮の保湿状態を崩すシャンプーのやり方で、間違っているシャンプーのやり方です。地肌を傷つける事なく、頭皮をやさしくマッサージするように洗ってください。

 

 

シャンプー以外での頭皮を保湿する方法

 

1 頭皮の保湿美容液の活用

頭皮を保湿する方法には頭皮の保湿美容液も効果的です。シャンプーの後や頭皮の乾燥が気になる時に手軽につけることができる頭皮専用美容液で、頭皮の炎症を改善する効果もあります。頭皮が乾燥していてフケや頭皮の痒みがある人には、お勧めできる頭皮専用の保湿美容液です。

 

 

2 育毛剤の活用

頭皮を保湿する方法としては育毛剤の活用も効果的です。育毛剤は抜け毛や薄毛を改善する効果だけではなく、頭皮の血行を良くする効果もあります。頭皮の血行を良くすることで自然治癒力や新陳代謝、頭皮の老化を防ぐことができます。

 

育毛剤を毎日に使用して頭皮マッサージをすることで、年齢による頭皮の乾燥を防ぎ、新陳代謝や自然治癒力の力を促し、自らの力でうるおいのある頭皮を取り戻します。うるおいのある頭皮で頭皮の健康を保つためには、頭皮の血行をよくする育毛剤の活用もオススメです。

 

 

3 ココナッツオイルの活用法

最近話題のココナツオイルの活用法です。少量のココナツオイルを頭皮に塗ることで、保湿効果が高まります。ココナツオイルは肌への浸透力が高いため、べたつきがなくさらっとした仕上がりです。ココナツオイルには老化を防ぐ効果もありますので、頭皮を保湿する方法には効果的なオイルです。

 

 

3t43

まとめ

毎日使うシャンプーの洗浄成分!頭皮を保湿する方法にはとても重要です。頭皮の乾燥を防ぐ事は頭皮の老化を予防することにもつながります。

 

敏感肌や乾燥肌、アトピーの人は特に注意が必要です。

 

以上、(シャンプーで頭皮を保湿する方法!決め手は洗浄成分)でした。

 

 

ABOUT ME
カズ 大森
カズ 大森
美容師歴10年の現役美容師「カズ 大森」です。最近は人気の美容メーカーの工場見学が趣味で、気になった市販のシャンプーは、とりあえず自分で使ってみます。 今まで培った知識を存分につかって、おすすめシャンプーの口コミを紹介していきます。これが僕の使命だと思っていますので、全力でお伝えします。 趣味:仕事と読書。 釣りもたまにします。 好きなお酒:テキーラ。 お酒は強いですよ!! 好きな言葉:自由にのんびりと(組織が嫌いです) 血液型:A型(キッチリしてますよ)